F1 スペインGP

F1メカ解説|カナダでの大苦戦から脱却へ……フェラーリSF-24のアップデートが明らかに。サイドポンツーンも変更

フェラーリはF1スペインGPに、サイドポンツーンを含むアップデートを持ち込んできたが、その詳細が明らかになった。

Ferrari SF-24 new fin DX

フェラーリSF-24 ”コブラ”ウイングレットの変更

写真:: Giorgio Piola

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

Analysis provided by Giorgio Piola

 フェラーリは、カタルニア・サーキットを舞台に行なわれるF1スペインGPに、アップデートパッケージを持ち込んでいる。このアップデート版のパッケージは、サイドポンツーンの形状変更を含む、比較的規模の大きいモノだ。

 フリー走行開始前には、各チームのマシンの変更点が、FIAから発表されることになっているが、それを待たずとも、フェラーリの変更点は明らかだった。サイドポンツーンやコクピット横の”コブラ”と呼ばれるウイングレット、リヤウイングの変更は、見た目上、目立っていたのだ。

 サイドポンツーンは、下部の抉れた形状が変わり、フロア上面との間により多くのスペースが確保されたようだ。これにより、基本的なパフォーマンスの向上が目指されているはずだが、数レース遅れて投入される予定の新型フロアのベースとも言えそうだ。

Ferrari SF-24 Cobra winglet comparison

Ferrari SF-24 Cobra winglet comparison

Photo by: Uncredited

 コクピット横、ヘイローの付け根の外側にある”コブラ”ウイングレットもアップデートされた。

 この新型コブラは従来の仕様よりもかなり背が高くなっており、ヘイローの付け根部分上端の位置まで引き上げられている。これにより、コブラの上端に取り付けられた水平のエレメントの位置が変わり、後方の気流、そしてここで生み出される空気の渦の進路に変更が加えられた。

Ferrari SF-24 side detail

Ferrari SF-24 side detail

Photo by: Giorgio Piola

 またフロントエンドとのダウンフォースのバランスを取るため、フェラーリは新しいリヤウイングも持ち込んだ。

 このリヤウイングは、メインプレーンとフラップのデザインが、モナコで使われた高ダウンフォース仕様と、イモラで使われた中ダウンフォース仕様との中間にあたるもの。つまり、スペインGPで最適なパフォーマンスを発揮するために、比較的大きなダウンフォースを必要としているということだ。この変更は、当然DRSのパフォーマンスにも影響を及ぼすだろう。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 注目集まる角田裕毅。兄貴分のガスリー「彼の才能は最初から知っていた。レッドブル昇格が考慮されていたならいいけどね……」
次の記事 サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本