F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
23 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
37 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
65 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
86 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
100 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
107 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
121 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
128 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
142 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
191 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
205 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
212 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
226 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
240 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
247 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
261 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
275 days

フェラーリ、5kgの燃料搭載量”申告ミス”で600万円の罰金。ルクレール3位は確定

シェア
コメント
フェラーリ、5kgの燃料搭載量”申告ミス”で600万円の罰金。ルクレール3位は確定
執筆:
2019/12/02 0:00

フェラーリは、F1アブダビGPでシャルル・ルクレールのマシンの燃料申告が不正確だったとして、5万ユーロの罰金を科されることになった。しかし、ルクレールの決勝結果に影響を及ぼすことはなかった。

 F1最終戦アブダビGPを3位でフィニッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレール。しかし、決勝前の燃料の申告について不正確な部分があったとして、調査の対象となった。調査の結果、フェラーリには5万ユーロ(約600万円)という巨額の罰金が科されたものの、ルクレールの順位に影響を及ぼすことはなかった。

Read Also:

 レースのスタートまで1時間を切った段階で、FIAのテクニカル・デレゲートであるジョー・バウアーは、燃料のチェックを行った際、フェラーリが申請した燃料搭載量と実際にマシンに搭載されている燃料の量の間に”大きな違い”があったと明らかにした。

 このフェラーリについての疑いはスチュワードに報告され、スチュワードはレース後まで調査を待つことになった。

 チームはレコノサンスラップ、フォーメーションラップ、レース、ピットに戻るラップ、その他始動に必要なモノも含め、マシンの燃料搭載量を申告しなければならない。アブダビGPのスチュワードが明らかにした報告によれば、フェラーリが申告したモノとバウアーが測定した燃料搭載量の間には、4.88kg(約7リットル)の差があったという。

 レース前の段階では、フェラーリにペナルティが科されるかどうかは不明だった。しかしレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーはレース前に「彼(ルクレール)がどうして失格にならないのかは分からない」と語っていた。

 スチュワードは燃料搭載量の不正確な宣言について、フェラーリに対して5万ユーロの罰金を選択。ただそれ以上の罰則は科さず、ルクレールは3位表彰台という結果を確保することができた。

 裁定が下る前、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、メディアに対して次のように語った。

「説明することがあまりないと思う。測定値に矛盾があったんだ」

「我々は、我々の測定値が正しかったと信じている。そうではない計測結果があるようだが、それは彼ら(FIA)の手の内にあるんだ」

「我々の理解、詳細の調査については、満足している。しかしそれは、議論されたり、裁定が下されたことではない。我々もみなさんと同じように、裁定を待っている状態なんだ」

Read Also:

Charles Leclerc, Ferrari, 3rd position, on the podium with his trophy

Charles Leclerc, Ferrari, 3rd position, on the podium with his trophy

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

次の記事
ホンダ一丸として戦えた1年……ホンダ田辺TD「来年はさらなる高みを目指す」

前の記事

ホンダ一丸として戦えた1年……ホンダ田辺TD「来年はさらなる高みを目指す」

次の記事

最終戦で9位入賞。クビアト「人生最高の第1スティントだった」

最終戦で9位入賞。クビアト「人生最高の第1スティントだった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
ドライバー シャルル ルクレール
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell