F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

フェラーリ、ハミルトンが加入に関心と示唆。それでも移籍話は“時期尚早”

シェア
コメント
フェラーリ、ハミルトンが加入に関心と示唆。それでも移籍話は“時期尚早”
執筆:
2019/12/14 0:18

フェラーリCEOのルイス・カミッレーリは、ルイス・ハミルトンとフェラーリ会長のジョン・エルカーンの会談は歪んで伝えられていると語る。一方でハミルトンがフェラーリ加入に興味を持っているとも示唆した。

 2019年のF1最終戦アブダビGPでは、早くも2021年に向けたドライバーズマーケットの話題に関心が集まった。

 フェラーリの会長であるジョン・エルカーンと、F1チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)が今年既に2回面会している、という情報が引き金となり、ハミルトンが2020年限りでメルセデスを離れるのではないかという憶測を呼んだのだ。

 現在フェラーリに所属するセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、2020年シーズンも変わらずフェラーリに留まる。ただルクレールがフェラーリと長期契約を結んでいる一方で、ベッテルは他の多くのドライバーと同じく2020年末で契約が切れる予定だ。

 一方、メルセデスとハミルトンは、契約延長が最もありえる展開だと主張している。ただメルセデスチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンがチームを離脱する可能性について訊かれると、“25%”の可能性があると語った。

 今週、フェラーリCEOのルイス・カミッレーリがmotorsport.comを含む一部のメディアに語ったところによると、エルカーンはハミルトンと会ったものの、それは“プロフェショナル”としての集まりではなかったという。

「それは社交的なイベントだった。少し歪んで伝えられているようだね」と、カミッレーリは言う。

「彼らには共通の友人がいるんだ」

 そして、カミッレーリは、ハミルトンを含むドライバーたちがフェラーリでレースをすることに興味を持っていると示唆した。

「今ある事実は、我々がひとりのドライバーと長期契約を結んでいて、別のドライバーとの契約は2020年末で切れるということだ」

「他のドライバーたち、特にルイスが我々のチームに加わりたいと思ってくれることは、とても光栄だ」

「だが将来に向けて何かを決めるには、まだ時期尚早だ」

 フェラーリのドライバーラインアップ決定については、チーム代表のマッティア・ビノットとカミッレーリが決定権を持っていると言われている。しかし、カミッレーリ自身はハミルトンと話していないという。

 また、仮にハミルトンがフェラーリに加入した場合、現在ハミルトンが行なっているF1以外の活動について許可するかどうかを訊かれたカミッレーリは、その問いには答えなかった。

「正直に言って、そこには立ち入りたくない」

「そういったことは完全に時期尚早であり、我々は適切なタイミングで何がチームにとってベストなのか、選択肢を評価するだろう」

 ベッテルは今季のレースでミスが目立ち、結果としてフェラーリ1年目のルクレールの後塵を拝する結果となった。しかしビノットは、現在のドライバーラインアップを揃えたことに今でも“幸運”を感じていると話しているだけに、この2名体制の継続も十分考えられる。

「我々はセブと一緒に話し合い、将来に向けた彼の意思を理解する必要がある」

 ビノットはそう語る。

「我々は来季、戦略的な面を見ていく必要があると思う」

「パフォーマンス、そして彼がクルマにどう適応するかや、将来へ向けた彼のモチベーションなども見ていく必要があるんだ」

「『彼のミスが問題だ』などという話ではない。彼が自分の将来をどう考えているのか、そして我々はラインアップをどう考えるのか、そういった問題なんだ」

Read Also:

次の記事
新生SRS生が見せた驚異の伸び率。佐藤琢磨“校長”の哲学が世界への道を拓く?

前の記事

新生SRS生が見せた驚異の伸び率。佐藤琢磨“校長”の哲学が世界への道を拓く?

次の記事

“F1チーム代表が選ぶ”トップ10ドライバー2019発表。ルーキー勢高評価受ける

“F1チーム代表が選ぶ”トップ10ドライバー2019発表。ルーキー勢高評価受ける
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell