F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
50 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
57 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
71 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
85 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
106 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
120 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
141 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
155 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
162 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
176 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
190 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
218 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
225 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
246 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
260 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
274 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
281 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
295 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
309 days

フェラーリ、2020年向けの開発パーツを前倒し投入。”復活”の原動力に

シェア
コメント
フェラーリ、2020年向けの開発パーツを前倒し投入。”復活”の原動力に
執筆:
2019/10/05 5:22

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、最近投入したアップグレードについて、2020年に予定されていた開発作業を前倒しした成果が出ていると示唆した。

 F1の2019年シーズン後半戦は、前半戦と大きく勢力図が変わった。前半戦では勝利することができなかったフェラーリが、第13戦ベルギーGPから3連勝。シャルル・ルクレールは第16戦ロシアGP予選でも速さを見せ、4戦連続ポールポジションを獲得した。

Read Also:

 シーズン序盤からストレート区間で抜群に速かったフェラーリが、ベルギーGPやイタリアGPで競争力を発揮することは予想されていた。しかし、苦戦が予想されたシンガポールGPでもフェラーリは好パフォーマンスを見せた。そしてセバスチャン・ベッテルが今季初優勝を飾り、フェラーリがワンツーフィニッシュを果たしたのだ。

 新しいノーズやフロア、ディフューザーを含む大きな空力アップグレードパッケージをシンガポールGPで投入したことが、フェラーリにとって大きかったようだ。その効果はロシアGPでも続き、ベッテルのマシンに信頼性トラブルが起きなければ、フェラーリが4連勝を飾っていた可能性は高い。

 シンガポールGPで投入されたアップグレードパッケージが、来季のマシン設計にどれほど重要なものなのか、そしてそれが来季マシンに組み込まれるのかと訊くと、ビノットは次のように答えた。

「逆もまた然りなんだ。今回は、来季用のアップグレードが現行マシンに搭載された。来年も今年と同じレギュレーションが使われる。それは間違いなく興味深い」

「今季構築されたモノは全て、理解を深めるという観点から、来季にとっても重要になる」

「だからこそ、我々は2019年シーズンに注力している。勝利を目指すだけでなく、今季のマシンパフォーマンスを全体的によく理解することが来季に役立つことを知っているからだ」

 フェラーリはライバルのメルセデスやレッドブルと比べ、ピークダウンフォースで劣っており、シーズン前半には高いダウンフォースが要求されるサーキットで苦しむ場面もあった。しかしビノットは、フェラーリの年間を通したパフォーマンスを踏まえ、2020年に向けてマシンの根本的なコンセプト変更をする必要がないことが証明されていると主張した。

「フロントウイングに関しては、現時点で我々のパーツをコピーしているチームもある。だから来年のマシンは、現在のマシンの発展型となると思う」

「(空力が)効率的なマシンを開発することは、燃費や速度にとって常に重要だ。私は、それが完璧に間違っているとか、悪いコンセプトだとは思わない」

「シーズンを振り返り、我々が挙げた勝利や逃したチャンスのことなどを考えると、全体的にバランスを間違えているとは思わない」

「今季、期待通りのパフォーマンスを発揮できなかった理由は他にもある。マシンコンセプトのせいだけではない」

「弱点が解消されれば、我々はとても高い競争力を持っている。最近のレースで、それを示すことができたと思う」

Read Also:

次の記事
F1史上最多22戦。2020年のグランプリ開催カレンダーをFIAが承認

前の記事

F1史上最多22戦。2020年のグランプリ開催カレンダーをFIAが承認

次の記事

準備が遅れた特別仕様ステアリング、ようやくクビサの手に……

準備が遅れた特別仕様ステアリング、ようやくクビサの手に……
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell