F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

金曜好調のフェラーリは強力なエンジンモードを使用。「誤解を招く」とビノット

シェア
コメント
金曜好調のフェラーリは強力なエンジンモードを使用。「誤解を招く」とビノット
執筆:
2019/03/30 2:31

フェラーリのバーレーンGPフリー走行での速さはエンジンモードの変更によるものであるため、“誤解を招く”と主張する。

 F1開幕戦オーストラリアGPでメルセデスに“惨敗”したフェラーリは、第2戦バーレーンGPのフリー走行でFP1、FP2ともに他を突き放してトップタイムを記録した。

 印象的な速さを見せるフェラーリSF90だが、チーム代表のマッティア・ビノットは他チームよりも強力なエンジンモードで走行していたと語り、慎重な姿勢を崩していない。

「フリー走行での他チームとの差はそれほど重要ではないだろう。明日の予選はよりタフな戦いになる」とビノットは言う。

「それは非常に明白なことだ。なぜなら我々は他チームとは明らかに異なったエンジンモードを使用していたからだ」

 さらにビノットは「今日の結果は誤解を招くものだと思う。明日の予選では全く違った状況になるだろう。そしてライバルたちはまた強さを発揮してくるだろう」と付け加えた。

「ただ、オーストラリアと今回で状況が異なっているということは、我々が進歩しているということだろう」

「今日得られたフィーリングとデータに基づいて引き続き分析していく必要がある」

 フェラーリが強力なエンジンモードを使用した背景には、開幕戦で発覚した問題の原因を突き止めるため、そして今週末の修正事項を確認するためだと思われる。

「オーストラリアからは状況が好転したと思う。そしてここは前回とは全く異なるトラックだ」とビノットは言う。

「トラックの違い、そして我々が施した修正のおかげで、少なくともオーストラリアで起こった問題は発生しないと思う」

次の記事
レッドブル、初日ルノーにも先行される。ソフトタイヤの扱いに苦労か?

前の記事

レッドブル、初日ルノーにも先行される。ソフトタイヤの扱いに苦労か?

次の記事

「フェラーリは速くなった」ハミルトン、開幕戦とは異なり”激戦”を覚悟

「フェラーリは速くなった」ハミルトン、開幕戦とは異なり”激戦”を覚悟
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble