F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

燃料搭載量”申告ミス”で600万円罰金のフェラーリ。調査は「約10回受けた」

シェア
コメント
燃料搭載量”申告ミス”で600万円罰金のフェラーリ。調査は「約10回受けた」
執筆:
2019/12/04 2:56

シャルル・ルクレールのマシンの燃料搭載量が、FIAの調査結果と一致せず、アブダビGPで約600万円の罰金を科されたフェラーリ。チーム曰く、今シーズン中少なくとも10回は、燃料のチェックを受けたという。

 フェラーリはアブダビGPで、5万ユーロ(約600万円)の罰金を科された。これは、FIAがシャルル・ルクレールのマシンに搭載されていた燃料量を決勝レース前にチェックした際、事前にチームが申告した量と4.88kg違っていたことが原因だった。

 今季のフェラーリは、オイルを不正に燃料させたり、燃料流量センサーを合法ではない形で使用することで、パワーを手にしているのではないかと疑われてきた。そのため今回の調査も、その様々な”疑惑”をFIAがチェックするためのモノだったのではないか……そんな噂も上がった。しかしフェラーリ曰く、チームが燃料搭載量のチェックを受けたのは、アブダビが初めてではなかったという。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、次のように説明する。

「我々が調査を受けるのは、今回が初めてではない。今シーズン、少なくとも10回はチェックを受けているんだ。そして、常に問題はなかったが、今回の日曜日には矛盾があった」

 ビノット曰く、燃料重量をチェックする手順はよく理解しているという。

「レースのスタート時に、マシンに搭載されている燃料の量を宣言する」

「FIAは時々、マシンの重量を量り、マシンを空にして再び計量しようとする。彼らはその違いを確認し、(申告されたモノと)差があるかを確かめるのだ」

 アブダビGPの決勝レースで、ルクレールとチームメイトのセバスチャン・ベッテルは共に、燃料を節約するモードで走るよう指示を受けた。しかしビノット代表は、これはFIAが指摘した問題に関連したことではなく、信頼性に懸念があったため、エンジンを労わるべく選択されたものだったと主張する。

「オースティン(アメリカGP)では、シャルルがエンジンの問題に見舞われた。走行距離に関して、リスクに晒される可能性があることが分かっていたのだ」

「我々はどうにかして、タイヤを労らなければならなかったと思う。少なくともハードタイヤではね。場合によっては、ワンストップでレースを走りきることを目指す可能性もあった」

「全体的には、レースをマネジメントするためにも、エンジンとタイヤを労わるのは正しいことだったと信じている」

Read Also:

次の記事
オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

前の記事

オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

次の記事

テスト初日を終えたグロージャン「2020年タイヤは思い描いていたものではない」

テスト初日を終えたグロージャン「2020年タイヤは思い描いていたものではない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble