フェラーリ、マシンパフォーマンスの”浮き沈み”がある理由を理解できず「しかし、だからこそF1は興味深い」

フェラーリは、新レギュレーション下で生み出された今季マシンが、期待以上のパフォーマンスを発揮する時と期待以下のパフォーマンスしか発揮できない時がある理由を、今も説明できないと語る。

Charles Leclerc, Ferrari F1-75, in the gravel

 F1は2022年シーズンからテクニカルレギュレーションが大きく変更された。そして多くのチームが、マシンのパフォーマンスの浮き沈みを正確に把握することができず、苦しんできた。

 フェラーリも今季優勝争いに復活したが、それでもマシンのパフォーマンスをうまく把握できていないようであり「本当に謎だ」と認める。

 2022年のF1マシンは、前年までの前後ウイングで多くのダウンフォースを発揮するコンセプトから、フロア下でダウンフォースの大部分を生み出す、いわゆる”グラウンド・エフェクトカー”へと変貌を遂げた。

 しかし多くのチームは、好成績を期待して挑んだグランプリで、期待通りの成績を残すことができないことがあったり、逆に予想以上のパフォーマンスを発揮することもあり、パフォーマンスを正確に把握することに苦しんでいる。

 フェラーリは今年、それを正確に把握するための答えを追い求めてきたが、やはり他のチームと同様うまくいっていない。最近ではベルギーGPで苦戦したものの、イタリアGPでは力強いパフォーマンスを発揮した。いずれのコースも、最高速が重視されるコースであり、似たような空力設定で走るにも関わらずだ。

 チームのシニア・パフォーマンスエンジニアであるジョック・クレアは、チーム内の最高のエンジニアでさえも、なぜこのようにパフォーマンスを安定させられないのか、それを完璧に説明することができていないと認める。

「正直なところ、そういうことを本当に理解していれば、特効薬を手に入れることができただろう」

 そうクレアは語った。

「これらのことを解決するのは、本当に難しい」

「レースで本当に良いパフォーマンスを見せているチームと話したり、苦労しているチームと話したりするが、全てのことを解明するには本当に謎が多い。それがこの仕事が単純ではない理由であり、メディアのみなさんも含め、我々全員にとってF1が興味深い理由だ」

 スパで苦労し、モンツァで優れたパフォーマンスを完全に説明することができないと認めつつも、クレアはチームがマシンで経験を積み重ねていくにつれ、何が起きているのかを理解し始めていると語る。

「正直なところ、我々は全ての答えを知っているわけではない。スパで何が起きたのかを、まだ正確には理解していないんだ」

「我々にはいくつかの考えがあり、それに基づいて行動していたんだ」

「スパと同じようにダウンフォースの少ないサーキットであるモンツァにやってきた。違いはあるが、スパで何が起きていたのかをある程度理解したように感じる」

「今年の後半には、さらに多くのことが明らかになってくるかもしれない。しかし我々は、学び続けている」

「F1は相対的なスポーツであり、他のチームが何をしているかは分からない。そのため、最善の形で推測しなければいけない部分がたくさんある」

 クレアは、グラウンド・エフェクトカーを理解するのが難しいわけではなく、新しいレギュレーションが施行されたばかりであり、各チームがそのルールを完全に理解するためには時間がかかることが、一連の問題に対する最大の要因になっていると考えている。

「レギュレーションが新しいモノになったからだと思う」

 そうクレアは付け加えた。

「新しい開発や新しいレギュレーションがあると、急激に学んでいくことになる。誰もが、その急激な学習曲線を辿っている途中だろう」

「我々は今年の初めに、多くの人が『なぜあなたたちの今年のクルマはそんなに速いのか?』と尋ねてきたのを覚えている」

「おそらく我々は、他のチームよりも少しルールに対する理解が進んでいただけだと思う。一方で他のチームは、自分のクルマの立ち位置を把握するだけだった」

「それは、新しいレギュレーションが導入されたことによる、素晴らしいことひとつだ。マシンのパッケージには、明らかに高性能な側面があったとしても、チームがそのマシンを理解し、ドライバーがそれをうまくドライブする方法を理解していく必要があるんだ」

「マックス(フェルスタッペン)やシャルル(ルクレール)、そしてカルロス(サインツJr.)のようなクオリティを備えたドライバーがいると、すぐに乗りこなすことが期待されるモノだ。でも彼らも人間であり、自分自身の才能を引き上げるために日々取り組んでいる。この1年で改善されたはずだ。おそらく彼らは、理解も進めているだろう」

「これらは全て、さまざまな速度、さまざまなタイミングでまとめられていく。チームによっても異なる。そして相対的なスポーツである場合、全ての答えを知ることはできない」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1モナコGP、開催契約を延長。2025年までの3年契約締結を発表
次の記事 ジャック・ドゥーハン、F1昇格の大チャンス到来「モチベーションにはなるけど、プレッシャーはない」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本