フェラーリがバーレーンGPでの問題に対処。コントロールエレクトロニクスを交換へ

シェア
コメント
フェラーリがバーレーンGPでの問題に対処。コントロールエレクトロニクスを交換へ
執筆:
2019/04/12 5:38

フェラーリはバーレーンGPでシャルル・ルクレールに発生した問題に対処するため、新たなコントロールエレクトロニクスを導入することを決定した。

 F1第2戦バーレーンGPでシャルル・ルクレールは、トップを快走していたにもかかわらずPUのトラブルに見舞われてしまい、スローダウンを強いられ3位という結果に終わっている。

 レース後、フェラーリはPUを隅々まで調査し、原因を燃料噴射装置のコントロールユニットの回路がショートしたことだと断定している。こうした問題は“これまでに前例の無い”ものだと言われている。

こちらも:

 フェラーリは中国GPに向けてICE(エンジン)を交換する必要は無かった。しかし、ルクレールとセバスチャン・ベッテルの両者のマシンには、新たなコントロールエレクトロニクスが投入されている。

 motorsport.comの調べによると、これはルクレールのマシンに発生した問題への対応だと確認されている。

 なお、コントロールエレクトロニクスの年間使用可能数は2基であるため、この変更によるペナルティは発生しないものの、フェラーリは3戦目にして早くも年間の使用制限数の上限に達してしまうこととなった。

次の記事
ジョビナッツィ、未だ無得点も現状を冷静に分析。「ルーキーが苦労するのは普通のこと」

前の記事

ジョビナッツィ、未だ無得点も現状を冷静に分析。「ルーキーが苦労するのは普通のこと」

次の記事

ルノーPU搭載全車、新型MGU-Kに交換。ヒュルケンベルグはエンジンも更新

ルノーPU搭載全車、新型MGU-Kに交換。ヒュルケンベルグはエンジンも更新
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
チーム フェラーリ 発売中 , ハースF1チーム , Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む