F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

カナダGPのタイヤ選択が明らかに。フェラーリはミディアム重視

シェア
コメント
カナダGPのタイヤ選択が明らかに。フェラーリはミディアム重視
執筆:
2019/05/29 6:15

F1タイヤサプライヤーのピレリが、カナダGPのドライバー別タイヤ選択リストを発表した。

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、第7戦カナダGPでのドライバー別タイヤ選択リストを公開した。

 今回は前戦モナコGPに続いて、5種類あるタイヤコンパウンドの内で最も柔らかいC5コンパウンドが持ち込まれ、ソフトタイヤと呼ばれる。以下C4がミディアムタイヤ、C3がハードタイヤと呼ばれることになる。

   モナコでは各チームが極めてソフト偏重のタイヤ選択をしたが、今回は全体的に硬めのコンパウンドを増やしたチョイスとなっている。

 モナコでソフトタイヤを11セットも持ち込んだフェラーリ勢だが、今回は7セットの選択にとどまっており、代わりにミディアムタイヤを5セット選択した。同じくレッドブルの2台もソフトタイヤが7セットとなっているが、ミディアム4セット、ハード2セットという内訳となっている。

 今季チャンピオンシップ独走中のメルセデスは、2台で配分を分けてきた。ルイス・ハミルトンがソフト8、ミディアム4、ハード1という選択をしているのに対し、バルテリ・ボッタスはソフト8、ミディアム3、ハード2となっている。

 中団勢で特徴的なチョイスだったのが、マクラーレンとレーシングポイントだ。彼らはソフトタイヤを最多の9セット選択し、ミディアムタイヤとハードタイヤを2セットずつ持ち込む。ソフトを重点的にチェックしながら、決勝に向けてミディアムとハードのどちらも感触を確かめておきたい、といったところだろうか。また、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィも同様の選択をしている。

 なおフェラーリとレッドブルは、フランスGPが開催されるポールリカール・サーキットでピレリのタイヤテストプログラムを2日間にわたって行っている。

 28日(火)にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが合わせて110周、レッドブルはピエール・ガスリーが108周を走行し、2020年用のインターミディエイトタイヤとウエットタイヤのテストを行った。29日(水)はガスリーに代わってマックス・フェルスタッペンがマシンに乗り込む予定だ。

Canadian GP tyre selections

Canadian GP tyre selections

Photo by: Pirelli

次の記事
マクラーレン、モナコでチームプレイ。ノリスを”走るバリケード”に利用

前の記事

マクラーレン、モナコでチームプレイ。ノリスを”走るバリケード”に利用

次の記事

ラッセル、モナコでの戦いに満足「ポイント獲得が見えた瞬間があった」

ラッセル、モナコでの戦いに満足「ポイント獲得が見えた瞬間があった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
執筆者 Valentin Khorounzhiy