F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

PUトラブル発生のメルセデスとフェラーリ。イタリアGPは懸念残るレースに

シェア
コメント
PUトラブル発生のメルセデスとフェラーリ。イタリアGPは懸念残るレースに
執筆:
2019/09/05 0:33

メルセデスとフェラーリは、ベルギーGPでカスタマーチームに発生したPUの信頼性トラブルを完全に解決できないまま、イタリアGPに臨む。

 メルセデスとフェラーリは、夏休み明けのF1第13戦ベルギーGPでパワーユニット(PU)のアップグレードを行ったものの、カスタマーチームに信頼性のトラブルが発生した。彼らはその懸念を解消できないまま、連戦となる第14戦イタリアGPに臨むことになりそうだ。

 メルセデスは、ベルギーGPの金曜日に全3チーム6台に”フェーズ3”と呼ばれる新PUを導入した。

 しかし、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、FP2で白煙を上げながらストップ。マシンからは出火もしていた。さらに、ウイリアムズのロバート・クビサも予選Q1で大量の白煙を上げながらマシンを止めた。

 ふたりはレースに向けて、PUを旧スペックのフェーズ2に戻さなければならなかった。問題が起きたPUは分析を行うため、英ブリックスワースにあるメルセデスのPU開発拠点へと送られた。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、問題がまだ解決できておらず、他のマシンにも信頼性の問題が起きる懸念があることを認めた。

「(そのトラブルによって)我々が妥協を強いられることはあまりなかった。影響は少しだったんだ」とウルフは話した。

「レースではリスクを冒さなかった。しかし、それが快適な状況ではないのは確かだ。それぞれ違う故障だったように見えたし、現時点では(問題の)分析も理解もされていない」

 一方、フェラーリはハースの2台とアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィのマシンに、新しいPUが搭載された。

 しかし、ジョビナッツィは予選Q1終盤にエンジンブローを喫し、PU交換を強いられた。フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、それが懸念材料となっていると認めた。

 ベルギーGPでmotorsport.comがビノットに尋ねると、彼は「我々は何が起きたかを分析する必要がある」と答えた。

「エンジンは月曜日にマラネロに戻る。最初に必要なのは、エンジンを分解して理解することだ。対応するための時間は数日残っているが、それが懸念なのは間違いない」

 フェラーリの2台は、ベルギーGPで新PUを使っていない。ビノットは、先にカスタマーチームが新PUを使用したのは、ワークスチームのための情報収集ではないと否定した。

「(新PUを投入しなかった)理由は、(カスタマーチームから)データを得るためではない」と、ビノットは語った。

「新しいPUは投入される時までに、ダイノ(ベンチテスト)で検証され、信頼性が証明されているはずだ」

「シンプルに走行距離や割り当ての問題で、PUの導入時期が異なるんだ。エンジンの製造を分割することで、ファクトリーもはるかに楽になる」

 フェラーリの2台の他、アルファロメオのキミ・ライコネンはベルギーGPで新しいPUを使わなかった。アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、イタリアGPでPUを交換し、グリッド降格ペナルティを受ける予定はないと明かしている。

Read Also:

次の記事
F1イタリアGP、新たなグランプリ開催契約を締結。2024年までモンツァで開催

前の記事

F1イタリアGP、新たなグランプリ開催契約を締結。2024年までモンツァで開催

次の記事

黒白旗が“イエローカード”の代わりに? F1レースディレクターが示唆

黒白旗が“イエローカード”の代わりに? F1レースディレクターが示唆
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper