軽微な予算オーバーも影響は大きい? フェラーリ、”1周0.5秒”の価値があると主張

フェラーリは、FIAに対して予算上限違反に厳しく対処すべきだと主張。軽微な予算オーバーでも、1周あたり0.5秒のアドバンテージを生むことができると考えている。

軽微な予算オーバーも影響は大きい? フェラーリ、”1周0.5秒”の価値があると主張
Listen to this article

 2021年シーズンのF1チームの予算上限に関して、FIAは10月5日に各チームに遵守証明書を発行する。これにより、違反があったチームも発覚することになるが、フェラーリは厳しい対処を望んでいる。

 シンガポールGPの週末、パドックは2チームが予算上限をオーバーしていたのではないかという憶測でもちきりだった。そしてその2チームは、アストンマーチンとレッドブルではないかと噂されている。だが両チームともFIAから問題があったとは聞いていないと主張し、そうした話を否定する動きを見せた。

Read Also:

 ライバルたちもFIAの監査結果に大きな関心を寄せており、特に制限を超えたチームに対してFIAがどんな対応を見せるかに注目している。

 1億4500万ドル(約209億円)という制限に対して、5%の超過までは”軽微”な違反に分類されているが、数百万ドル多く使えることを意味するため、そこから得られる利益は非常に大きいとフェラーリは主張している。

 フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、2021年のチャンピオンシップの行方がまだ議論されているのは理想的ではないと認めながらも、支出超過の重要性をなかったことにはできないと主張した。

「10月に前のシーズンのことを話しているのは言うまでもなく残念だが、昨年のチャンピオンシップへの影響とは別に、現在のチャンピオンシップへの影響もあるからね」

 そう彼は『Sky Italia(スカイ イタリア)』に語った。

「水曜日に判断を下されるまで待とう。しかしどんな金額であれ、軽微な違反に分類される400万ドル(約5億8000万円)であっても、それは軽微なものではないことを理解しておく必要がある」

「我々にとって400万ドルは、技術部門のスタッフを70人雇用し、1周0.5秒のタイムアップに相当するようなパーツや解決策を考え出すことができる金額なんだ」

「だから、たとえ軽微な違反であっても、決して小さなことではないんだ」

 また、ビノットは予算制限の違反はそのシーズンだけでなく、以降の年にも影響が出てくると付け加えた。

「その優位性はその後のシーズンにも持ち越される。それ(予算超過)が2021年に始まったとしたら、2022年と2023年にはまだ競争上の優位性があるわけだから、これは明らかに重要な問題だ」

「それは全体的な信頼を危うくするものだ。この騒動に、皆が正しく対処してくれることを願っている。そうでなければ、管理する上で非常に大きな問題になるだろうからね」

 メルセデスのトト・ウルフ代表も、ビノットの意見に同意。追加の予算はチームがより多くのパフォーマンスを発揮できるようにするために直接的な影響があると考えている。

 彼は、ライバルチームのマシン開発プログラムについてチームが行なった詳細な分析から、”あるチーム”がライバルチームよりもはるかに多くのパーツを導入していることが示唆されたと語った。

「いわゆる軽微な違反というのは、おそらく正しい表現ではないだろう」と彼は言う。

「500万ドル多く使っていても、軽微な違反に入るが、チャンピオンシップに大きな影響を与える」

「2021年シーズンと2022年シーズンについて、我々は毎戦、トップチームがどんなパーツをサーキットに持ち込むか注意深くモニターしている」

「トップチームふたつがほぼ同じで、もう1チームがより多く費やしていることが分かる」

「我々は年間350万ドル(約5億円)をクルマに搭載するパーツに費やしていることを正確に把握している。だから、あと50万ドル使えれば、どんな違いが出るかわかるはずだ。それは違いが生まれるだろう」

「我々が二桁の(車両)重量オーバーから脱却するために、軽量化部品を作っていないのは、シンプルにお金がなかったからだ。だから我々は来年のマシンにそれが必要になっている」

「軽量シャシーをホモロゲーションして持ち込んだら、200万ドルもオーバーしてしまう。より多くの費用を費やせば、性能面で有利になるのは分かるだろう」

 予算制限をオーバーしていたと判断されたチームは、その後FIAのヒアリングを受け、どのような制裁を受けるか決定されることになるだろう。

 
Read Also:

シェア
コメント
岩佐歩夢、鈴鹿サーキット本コース初走行は14歳も「F1には一切興味なかった」”意外な”幼少期を語る
前の記事

岩佐歩夢、鈴鹿サーキット本コース初走行は14歳も「F1には一切興味なかった」”意外な”幼少期を語る

次の記事

シンガポール勝利、ペレスにとって好転の鍵になる? レッドブル「彼に自信を与えてくれれば」

シンガポール勝利、ペレスにとって好転の鍵になる? レッドブル「彼に自信を与えてくれれば」