フェラーリ復活もファンの心掴めず? イタリアGPチケット売上が減少

シェア
コメント
フェラーリ復活もファンの心掴めず? イタリアGPチケット売上が減少
Franco Nugnes
執筆: Franco Nugnes
2018/08/22 8:01

イタリアGPのチケット売上が減少しており、今後のグランプリ開催に向けて懸念事項となっている。

 モンツァで開催されているF1イタリアGPのチケットの売上が減少していることが明らかになった。

 現在のイタリアGP開催契約は、2019年までとなっている。この背景には、以前の開催契約の最終年であった2016年に政治的な問題もあって契約延長がなかなか決まらず、長期間にわたってイタリアGPの先行きが不透明な状況が続いていたものの、なんとか3年という短期間の開催契約が締結されたという経緯がある。

 だがフェラーリが競争力を取り戻したにもかかわらず、ファンの関心を引くには十分ではなかったようで、来月に開催が迫ったイタリアGPのチケット売上の減少は、将来のグランプリ開催に関する新たな懸念事項となった。

 イタリア自動車クラブの会長であるアンジェロ・スティッチ・ダミアーニは、Gazzetta dello Sportに対して次のように話した。

「昨年、(セバスチャン)ベッテルはチャンピオンシップのリーダーとしてサマーブレイクを迎えた。現在の彼はチャンピオンシップのリーダーを追う立場にある」

「私の願いは、1年前とは正反対の結末を迎えることだ。昨年はモンツァ以降、メルセデスが好調だった」

「昨年はモンツァ以降、メルセデスが好調だった。今年は、この正反対の結果となることを私は願っている」

 チケット売上の減少により、新たに財政的なプレッシャーがかかることになる。ダミアーニは、F1に支払う開催権料が減らない限り、金銭的な状況は維持できないと懸念している。

「我々は大きな損失を出して昨年のレース開催を終えた。2018年の収支も変わらないだろう」

「このような状況では、長期的にレース開催を続けることが不可能だというのは明らかだ。イタリア自動車クラブでは長期開催を行う用意が整っているが、このような状況下にある」

「(F1オーナーのチェイス)キャリーは私に、モンツァのないF1など考えられないし、4年後の2022年にはサーキット創設100周年を祝いたいと常に言っている。我々もそれに同意しているが、様々な問題に対処しなければならない」

次の F1 ニュース
FE王者ベルニュ、トロロッソ・ホンダ候補か。来季F1復帰に向け交渉中

前の記事

FE王者ベルニュ、トロロッソ・ホンダ候補か。来季F1復帰に向け交渉中

次の記事

F1の改善に取り組む運営陣。アロンソの”意外性がない”との批判は「正しい」

F1の改善に取り組む運営陣。アロンソの”意外性がない”との批判は「正しい」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Franco Nugnes
記事タイプ 速報ニュース