フェラーリ2022年の“復活”、期待し過ぎは厳禁。「簡単に追いつけると思うのは純朴すぎ」とチーム幹部

2022年にF1は大きなテクニカルレギュレーションの変更を控えている。グリッド上の勢力図が大きく変わる可能性も指摘されているが、フェラーリは現在のトップチームであるメルセデスとレッドブルを簡単に捕まえられるとは考えていないようだ。

フェラーリ2022年の“復活”、期待し過ぎは厳禁。「簡単に追いつけると思うのは純朴すぎ」とチーム幹部

 F1の2022年シーズンは、テクニカルレギュレーションが刷新され、大きな転換点を迎える。

 グラウンドエフェクトを用いたコンセプトやタイヤの18インチ化など、様々な変化が起こる2022年には、グリッド上の勢力図に変化が訪れるという予測もある。しかしフェラーリは、現在トップを走るメルセデスやレッドブルを簡単に捕まえられるとは考えていない様子だ。

 フェラーリはここ2年ほどトップ争いから脱落してしまっており、2020年はランク6位に甘んじた。2021年はマクラーレンとの争いを制してランク3位となったものの、レッドブルとメルセデスとの間には、大きな差が依然として横たわっていた。

Read Also:

 フェラーリは2021年シーズンのマシン開発は途中で終了させ、開発の軸足を2022年の新世代マシンに移していることを明言してきた。そのため、2022年に大きく戦闘力を上げてくることが期待されている。

 そして激しくタイトルを争っていたレッドブルとメルセデスは、シーズン終盤まで2021年マシンに集中する必要があった。これはライバルにとっては2022年に向けた開発で少しでも追いつくチャンスのように思える。

 しかしフェラーリのスポーティングディレクターである、ローレン・メキーズは、トップ2チームがタイトル争いにより2021年のマシンに集中していたとしても、2022年の展開に大きく影響を与えることはないだろうと語った。

「彼らが2021年と通して(マシンを)開発しなければならなかったことは確かだろう」と、メキーズは言う。

「しかし、彼らは両者とも素晴らしい組織を備えている。それは結果を見れば分かることだ」

「だから私としては、彼らの2022年用マシンを作る能力を疑ったことは1秒もない」

「彼らが2021年により時間を使わなくてはいけなかったことは確かだろう。しかし過去10年間の結果を見れば、よほど純朴でなければ、簡単にそのギャップを埋められるとは思わないだろう」

「結局のところ、縮めなければならないギャップがまだあるんだ。だから彼らにとって、それほど心配することではないだろう」

 なおフェラーリは2022年マシンについて、2021年までのものとは“大きく異なる”パワーユニットを含む、多数のイノベーションを間違いなく持ち込むことになると語っている。

 

Read Also:
シェア
コメント
バトン、ホンダの戴冠と撤退への胸中語る「マクラーレンがホンダとふんばり続けなかったことは残念」
前の記事

バトン、ホンダの戴冠と撤退への胸中語る「マクラーレンがホンダとふんばり続けなかったことは残念」

次の記事

アストンマーチンF1、チーム代表オットマー・サフナウアーの退任を発表。後任などは未定

アストンマーチンF1、チーム代表オットマー・サフナウアーの退任を発表。後任などは未定
コメントを読み込む