フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

フェラーリは、2020年に向けてエンジンを大幅に変更し、マシンのダウンフォースも増やす予定だという。

フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

 フェラーリは、F1の2020年シーズンに向けてエンジンを大幅に変更する予定であり、2019年における弱点だったダウンフォース量も増やす方向で開発を進めているようだ。

 今季のシーズン開幕前は評価が高かったフェラーリは、パワーユニット(PU)時代に突入して以降、F1を支配しているメルセデスを止めることを目標に、シーズンに臨んだ。

 しかし、シャルル・ルクレールが2勝、セバスチャン・ベッテルが1勝の計3勝止まりとなり、メルセデスが6年連続でダブルタイトルを手にした。

 2020年は空力とPUのレギュレーションに大きな変更はなく、新マシン開発においても正常進化を目指すチームが多いと思われるが、フェラーリはより多くのポテンシャルを引き出すことができると判断し、デザインの変更を選択したようだ。

 チーム代表のマッティア・ビノットは「我々はアーキテクチャーやシリンダーといった点で、PUを大幅に変更した」と述べた。

「かなり見直しを行ない、その部分で出来ることがたくさんあることが分かった。来年に向けて、我々がやろうとしているのは、エンジン自体の非常に大きな変更なんだ」

 2019年のフェラーリはストレートスピードを武器に、特にシーズン後半の予選で速さを見せた。一方で、ダウンフォースが少ないことからコーナリングが犠牲になっていた。

 フェラーリは、確立したアドバンテージをさらに大きくすることを目的にエンジン開発を進めると同時に、ダウンフォースを増やし弱点の克服を目指している。

「2020年の我々のクルマは、より多くのダウンフォースを生むことを目指している。それにより、間違いなく空気抵抗は増えるだろう。これまでと同じように、ストレートで速さを発揮できるとは予想していない。ただ、他の人が何をしているのかは分からないんだ」

「我々は、より多くのダウンフォースが必要だと学んだのは確かだ。シーズン終盤で分かったように、まだ埋めるべきギャップがあるんだ」

「だから、我々のクルマはより多くのダウンフォース獲得を目指しており、結果としては確かに空気抵抗が増えることになるだろう」

 フェラーリは、2020年のシャシーデザインを最終決定する段階に入っている。ビノットは、バルセロナで行なわれるシーズン前テストに持ち込むマシンの仕様を決定するまでに、”まだ数セッション”が必要だと述べた。

 チームは、最初のシーズン前テストが始まる8日前の、2月11日に新車を発表する予定だ。

「我々は、すべてのパーツのホモロゲーション(承認)作業を進めている」と、ビノットは話した。

「ホモロゲーションのためのクラッシュテストを行なってはいるが、風洞での開発はまだ進んでいる。だが、もちろんコンセプトの定義は済んでいるんだ」

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、新車発表3日前に18インチタイヤをテスト。2月に2車種で走行!?

前の記事

フェラーリ、新車発表3日前に18インチタイヤをテスト。2月に2車種で走行!?

次の記事

『広告スペースF1』"販売"は苦戦も、「関心は高まりつつある」とF1CEO主張

『広告スペースF1』"販売"は苦戦も、「関心は高まりつつある」とF1CEO主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell