F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
22 時間
:
38
:
56
14 8月
次のセッションまで……
7 days
28 8月
次のセッションまで……
21 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
28 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
35 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
49 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
63 days
23 10月
次のセッションまで……
77 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
85 days

ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待

シェア
コメント
ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待
執筆:
協力: Scott Mitchell
2020/01/06 3:33

フェラーリはジュニアドライバーであるミック・シューマッハーが、将来的にF1のシートを獲得する「有力な候補」であると考えている。

 F1で歴代最多となる7度の年間王者に輝いたミハエルを父に持つミック・シューマッハー。彼は2019年にFIA F2にステップアップし、ハンガリー戦レース2で初優勝を飾るなど計9度の入賞を記録してランキング12位となった。

 さらにシューマッハーは同年にF1の公式テストも経験。バーレーンGP後に行なわれたテストで、フェラーリとアルファロメオのマシンをドライブした。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、フェラーリが2020年のシューマッハーに「とても期待している」と語った。

「彼をFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員にしたことを我々は誇りに思っている」

「それは彼がミハエル・シューマッハーの息子だからというわけではなく、彼がひとりのドライバーとして優秀だからだ。現に彼は2019年に良いパフォーマンスを見せた」

「ランキングを見ると、経験豊富なドライバーたちが上位につけている。彼がルーキーであることを考えると、とてもよくやったと思う。だから2020年は彼がどれだけ進歩できるかを見るための重要なシーズンになるだろう」

「我々は経験を積んだ彼にとても期待しているし、彼がF1ドライバーの有力候補であることは間違いないと思っている」

 そう語ったビノットだが、シューマッハーがF1でフェラーリのドライバーになれるかどうかを判断するのは時期尚早だと考えている。フェラーリはアルファロメオのシートを1席コントロール下においており、シューマッハーがF1デビューを果たす場合はまずアルファロメオからのスタートになると思われる。

「彼が将来的にフェラーリのドライバー候補になるかどうか? それを考えるのは時期尚早だと思う」とビノットは続けた。

「2021年は全く新しいタイプのマシンになるので、ドライバーの経験が重要になってくると思う。よって、少なくとも2021年(のトップチーム入り)は時期尚早だと感じる」

「ただし、彼がこのグループ(FDA)に留まり続けるだけの才能があると我々は信じている」

 motorsport.comの調べによると、シューマッハーは2020年のアルファロメオのレギュラードライバー候補になっていたようだが、彼のF2でのリザルト、そしてレギュラーのアントニオ・ジョビナッツィが後半戦に見せた成長を加味した結果、ジョビナッツィ残留の方向に動いたようだ。

 シューマッハーは2020年も引き続きプレマからF2に参戦する。チームメイトは2019年のFIA F3王者で、同じくFDAの一員であるロバート・シュバルツマンだ。さらにFDAからはカラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、マーカス・アームストロング(ARTグランプリ)、ジュリアーノ・アレジ(HWA)のF2参戦も決定しており、フェラーリ育成ドライバーによる激しい戦いが繰り広げられることとなる。

Read Also:

王者ハミルトンも焦った?「序盤戦は『ボッタス2.0』からプレッシャーを感じた」

前の記事

王者ハミルトンも焦った?「序盤戦は『ボッタス2.0』からプレッシャーを感じた」

次の記事

次代のF1を率いるのは誰だ? フェラーリCEO「元チーム代表は適任じゃない」

次代のF1を率いるのは誰だ? フェラーリCEO「元チーム代表は適任じゃない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ミック シューマッハー
チーム プレマ , Scuderia Ferrari
執筆者 Jack Cozens