フェラーリ、来季マシンの名称は『SF21』に。開幕前テストの直前に発表へ

シェア
コメント
フェラーリ、来季マシンの名称は『SF21』に。開幕前テストの直前に発表へ
執筆:

フェラーリはカタルニア・サーキットで行なわれる予定のF1プレシーズンテストの直前に、『SF21』と呼ばれる2021年マシンを発表する計画だ。

 2020年シーズンのF1では苦戦し、コンストラクターズランキング6位に終わったフェラーリが、2021年シーズンに投入するマシンの発表計画について明らかにした。

 来季に向けてはシャシーの開発が凍結され、基本的には2020年に使用した車体を引き継ぐことになる。ただ空力面などでの変更は認められており、開発が凍結されている部分でも、各チームにふたつずつ与えられている“開発トークン”を使って修正を加えることができる。

Read Also:

 フェラーリは2021年早々に発表会を実施し、首脳陣やドライバーラインアップを紹介することを目指しているが、2021年マシンのお披露目に関してはスペインのカタルニア・サーキットで行なわれる予定のF1プレシーズンテスト直前となるようだ。

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは一部のメディアに向けて、プレシーズン期間中の計画について説明した。

「我々は来季のマシンの名前を既に決定している」とビノット。

「そのマシンはSF21と呼ばれることになる」

「来季は2022年に向けての過渡期だと考えているので、とてもシンプルな名前にしようと。だからSF21をマシンの名前にしようと思ったんだ。確かに2020年と同じシャシーを使うので部分的には凍結されたマシンになる」

「来年は通常とは異なる形でマシンのお披露目を執り行なうつもりだ。最初のイベントではチームとドライバーをファンやパートナー、ジャーナリストに向けてお披露目する。第2のイベントはバルセロナのウインターテストの際に行ない、そこで直接マシンを発表する」

 フェラーリが2021年に向けて期待していることのひとつに、パワー不足の解消がある。彼らは新型エンジンを投入し、これらの問題に対処する予定だ。

 ビノットはテストベンチで得られた数値は心強いものであり、フェラーリ製パワーユニットが来季も最悪ということはないだろうと語った。

「テストベンチにおいては、エンジンがかなり良い感じで動いている」とビノット。

「パフォーマンスという点ではかなりうまくいっている。2020年のものと比べるとかなりのものだと思う」

「パワーユニットとしての競争力を取り戻すだろうと考えている。テストベンチで我々が見たものを踏まえると、我々(のエンジン)が最下位ということはないだろう。ただライバルが何をしているのか、どのくらい進歩しているのかは分からない」

 ビノットはまた、SF21では2020年マシン『SF1000』の弱点であったドラッグ(空気抵抗)の問題も解決されるだろうと考えており、空力効率の改善が開発の焦点となっていると語った。

「我々は来季に向け、2020年マシンの弱点に対処するため全力を尽くしている」

「弱点の対応という点では、パワーユニットについて何度も言及してきた。ただ2020年マシンはドラッグも非常に大きかった。2021年のマシンを見る限り、それは確実に対処されていると思う」

 

Read Also:

フェルスタッペン、ペレス加入でメルセデスと戦えることを期待

前の記事

フェルスタッペン、ペレス加入でメルセデスと戦えることを期待

次の記事

ボッタス、メルセデスの7連覇には貢献も「ランキング2位じゃ満足できない」

ボッタス、メルセデスの7連覇には貢献も「ランキング2位じゃ満足できない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble