F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

フェラーリ、2020年用マシンの発表日を明かす「我々は挑戦者」

シェア
コメント
フェラーリ、2020年用マシンの発表日を明かす「我々は挑戦者」
執筆:
2019/12/13 7:27

フェラーリは、2020年2月11日に、2020年シーズンを戦う新型マシンを発表することを明らかにした。

 2019年シーズンのF1世界選手権をコンストラクターズランキング2位で終えたフェラーリは、
2020年シーズンを戦う新型マシンの発表を、2020年2月11日に行なうことを明らかにした。チーム代表のマッティア・ビノットが、motorsport.comを含む少数のメディアに対してそう明かした。

Read Also:

「我々は非常に早いタイミングで新車を発表する予定だ」

 そうビノット代表は語った。

「おそらく我々が、最も早くマシンを発表するチームになると思う」

 2019年、最も早く新型マシンを発表したのはトロロッソで、やはり2月11日だった。フェラーリは2月15日にSF90を発表している。

「早いタイミングで発表を行なう理由は、バルセロナ(のテスト)に行く前に、ホモロゲーションを取得する必要があるということだ」

「我々は2020年2月11日にマシンを発表する。そのすぐ後、テスト開始前に集中的なベンチプログラムをこなさねばならない」

 2020年シーズンは、プレシーズンテストの日数がこれまでの8日間から6日間に縮小されることになっており、2月19〜21日、2月26〜28日のスケジュールで実施されることになっている。

「我々は(2020年シーズンの)最有力候補になることはできない」

 ビノット代表はそう語った。

「今年チャンピオンになり、6年連続でタイトルを獲得したチームが基準となり、そして彼らは今シーズンの終わりまで最も速いマシンを手にしていたからだ」

「だから我々は挑戦者だ。それが我々の立ち位置なんだ」

Read Also:

次の記事
マクラーレンF1、最新シミュレーターを準備中。大幅性能アップを目指す

前の記事

マクラーレンF1、最新シミュレーターを準備中。大幅性能アップを目指す

次の記事

ルノー製PUはレースでは”最高”? 「重要なのは長所と短所を把握できること」

ルノー製PUはレースでは”最高”? 「重要なのは長所と短所を把握できること」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell