F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

ペナルティ再検討求めたフェラーリ、フランスで実施のヒアリングに出席へ

シェア
コメント
ペナルティ再検討求めたフェラーリ、フランスで実施のヒアリングに出席へ
執筆:
2019/06/21 0:55

カナダGPでのペナルティの再検討を求めたフェラーリは、21日(金)にポール・リカールで行われる聴聞会に召喚された。

 カナダGPでセバスチャン・ベッテルに科せられたタイム加算ペナルティの見直しを求めたフェラーリは、ポール・リカールで21日(金)に行われる聴聞会に召喚された。

 カナダGPでトップを走行していたベッテルは、コースオフした後に安全でない方法でコースに復帰してルイス・ハミルトン(メルセデス)を壁に追いやったとして、5秒のタイム加算ペナルティを受け、今季初勝利を逃した。

 フェラーリはこの裁定を不服として、FIAのスチュワードに対し、ベッテルのコース復帰が本当に安全でなかったかどうかを再び審議することを求めた。

 FIA国際競技規則第14条1項1号によると、『FIA選手権、カップ、トロフィー、チャレンジ、またはシリーズ、あるいは国際シリーズの対象となる競技において、重要かつ関係のある新たな要因が発見され、それが当該競技において再審を求める当事者が利用できなかった場合』に、スチュワード、もしくは代替の人間によって再び審議が行われることになっている。

 フェラーリは20日(木)、エマニュエル・ピロを含むカナダGPのスチュワードから、ポール・リカールで行われる聴聞会に出席するよう知らせを受けた。

 フランスGPでは、カナダGPとは異なるメンバーがスチュワードを務めている。しかし、インシデントについての聴聞会は、インシデントが起きたレースを担当していたスチュワードが出席するのが慣例であり、カナダGPのスチュワード全4名がポール・リカールに揃っているようだ。

次の記事
【ギャラリー】フェラーリがフランスGPに持ち込んだ新型フロントウイング

前の記事

【ギャラリー】フェラーリがフランスGPに持ち込んだ新型フロントウイング

次の記事

フェラーリの新型フロントウイング。今後の”方向性”の見極めに重要?

フェラーリの新型フロントウイング。今後の”方向性”の見極めに重要?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell