F1
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
イベント 進行中 . . .
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
6 days
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
34 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
41 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
55 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
69 days

ルクレールが描く“成長曲線”にフェラーリ代表も驚き「日に日に良くなっている」

シェア
コメント
ルクレールが描く“成長曲線”にフェラーリ代表も驚き「日に日に良くなっている」
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/08/24 3:37

フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、新加入のシャルル・ルクレールの成長率に驚いている。

 フェラーリは今季、ベテランのキミ・ライコネンに代わってF1デビュー2年目のシャルル・ルクレールをチームに迎え入れた。ルクレールはここまで12レースを終えて5度の表彰台を獲得。予選ではチームメイトのセバスチャン・ベッテルをしばしば上回るなど、4度のワールドチャンピオンと遜色ないパフォーマンスを見せている。

 チーム代表のマッティア・ビノットはルクレールを次のように評した。

「シーズン前半のシャルルの成長ぶりは非常にポジティブなものだと思う」

「彼の肩には当初から、大きな期待とプレッシャーがかかっていた。なぜなら彼は、フェラーリドライバーにしてはかなり若いからだ」

「彼に才能があることは分かっていたが、それ以上に彼がミスからしっかり学んでいるということが重要だ。チームとの連携、マシン開発における関わり方などが日に日に良くなっている」

「彼は攻撃でも防御でも力強さを見せる。それはF3(GP3)、F2時代から見てきたものだ」

「我々を驚かせる何かがあるとすれば、それは彼の成長具合だ。レースを重ねるごとに彼は堅実な週末を過ごすようになっているし、今後は今以上に良くなっていくと思う」

 フェラーリは長らく実績のあるベテランドライバーを多く起用してきた。そんな中でのルクレールの抜擢は、ある意味“異例”のものだったが、ビノット曰くそれは「リスクではなかった」という。

 ビノットはまた、ルクレールとベッテルとの関係性もポジティブであることを強調した。

「彼(ベッテル)はシャルルとうまくやっている。ふたりは良きチームメイトなんだ」

「彼はとてもスマートで、モチベーションも高い。シーズンが始まるにあたって、彼にとっても難しい部分があったと思うが、自分の能力をわかっているし、全体的な状況を十分に把握している」

「セバスチャンは未だにチームに対して協力的だ。彼は自身がチームの現在、そして未来における重要な柱であることを自覚していると思う」

Additional reporting by Roberto Chinchero

Read Also:

次の記事
F1、2021年の”グランドエフェクト”マシンで風洞実験。動画も公開

前の記事

F1、2021年の”グランドエフェクト”マシンで風洞実験。動画も公開

次の記事

フェラーリ代表、タイヤの変更プロセスに不満も、来季以降の改善に期待

フェラーリ代表、タイヤの変更プロセスに不満も、来季以降の改善に期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Valentin Khorounzhiy