F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

フェラーリ代表、“ベッテルびいき”のチームオーダーを否定。作戦の一環だと主張

シェア
コメント
フェラーリ代表、“ベッテルびいき”のチームオーダーを否定。作戦の一環だと主張
執筆:
2019/04/14 11:43

フェラーリのチーム代表、マッティア・ビノットは、中国GPでのチームオーダーはベッテルに恩恵をもたらすためのものではなかったと主張した。

 F1中国GPのスタートで、フェラーリのシャルル・ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルをかわし、3番手に浮上した。しかし、前を走るメルセデスの2台に追いつくことができずにいた。

 するとフェラーリは、ルクレールに順位を譲らせ、ベッテルを先行させるという決断を下した。その旨を伝えるチームラジオが流され、11周目にルクレールはその指示を遂行した。

 しかし、ベッテルもまたメルセデスを捕らえることができなかった。そしてルクレールはチームに、ベッテルの後ろにいることでタイムを失っていると伝えた。

 バーレーンGPでルクレールが優勝に値するパフォーマンスを見せたにも関わらず、チーム代表のマッティア・ビノットは依然、4度のワールドチャンピオンに輝いたベッテルに、2019年のタイトルをとらせようとしているように見える。

 しかしながらビノットはレース後、今回の決断はベッテルに恩恵を与える意図があった訳ではないと強調した。

 ビノットはスカイスポーツF1に「シャルルの気持ちは理解できる。残念だった」と語った。

「ただあの段階でメルセデスの方が若干速かったので、レースの重要な局面でセバスチャンに挑戦をさせることで、我々がメルセデスについていけるのかを確かめたかっただけだ」

「それはどちらかのドライバーに利益を与えるような意図ではなかった。序盤がこのレースの鍵を握っていたのだ」

 ポジションが入れ替わったことにより、ルクレールはピットストップの優先権も失った。その結果ピットストップのタイミングが遅れ、先にタイヤを交換したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にアンダーカットされ5番手に後退した。

 ビノットは、フェラーリがチームオーダーで順位を入れ替えたことによって、フェルスタッペンに割って入られたという考えを否定した。

「いずれにせよ、2人のドライバーのうちどちらかはアンダーカットされていただろう」

「チームとしては、この方針を変えることはないだろう。だからこういった状況ではあらゆることを試すだろう」

 またビノットは、ベッテルの3位に対して5位に終わったルクレールが、不満を感じる正当な権利があると語った。

「もしシャルルが苛立っているならば、それは無理もない。残念に思っているだろうけど、次は彼にとって優位に働くことがあるかもしれない」

次の記事
ベッテル、フェルスタッペンのオーバーテイクを”予測”していた?

前の記事

ベッテル、フェルスタッペンのオーバーテイクを”予測”していた?

次の記事

タイヤの温度さえ下がらなければ……ライコネン、“ベスト・オブ・ザ・レスト”逃す

タイヤの温度さえ下がらなければ……ライコネン、“ベスト・オブ・ザ・レスト”逃す
コメントを読み込む