F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

苦戦の”答え”を探すフェラーリ、オーストリアGPで更にテストパーツ投入?

シェア
コメント
苦戦の”答え”を探すフェラーリ、オーストリアGPで更にテストパーツ投入?
執筆:
2019/06/27 0:07

フェラーリは、マシンのパフォーマンスに対する答えを探すため、オーストリアGPに多くの開発パーツを持ち込むようだ。

 フランスGPに持ち込んだアップデートパーツが不発に終わったフェラーリは、マシンのパフォーマンスについてより多くの情報を得るため、オーストリアGPにも開発パーツを持ち込んでテストを行うようだ。

 フェラーリは、フランスGPに多くのアップデートパーツを持ち込んだが、フリー走行の後で新しいフロアはマシンから取り除かれた。一方でフロント&リヤウイングや、ブレーキダクトはアップデートされている。

こちらも:

 今季、ここまで圧倒的なパフォーマンスを見せているメルセデスとの差を縮めるため、フェラーリはオーストリアGPでさらなる開発作業を行うことを計画しているという。

 フランスGPのレース後、チーム代表のマッティア・ビノットは次のように認めた。

「今週末に全ての答えが見つかったとは思っていない。フロアが適切に機能していなかったことから、答えが足りていない。我々はそれに取り組むだろう」

「理解するために、オーストリアにもまたいくつかのテストアイテムを持ち込むだろう。全てのパーツが予想通りに機能した時だけ、完璧に理解できたと言えるだろう」

 フェラーリは、主にフランスGPに持ち込んだアップデートが機能しなかった理由に焦点を当てていくものの、”様々なパーツ”をテストする予定だという。

 セバスチャン・ベッテルは、フェラーリが”大きな挑戦”に直面しているものの、それに全力で取り組んでいると語った。

「改善を続けるというプレッシャーもあるし、野望もある」

「もしそれが簡単な仕事なんだったら、一晩でできるだろうし、すでに終わっているだろう」

「簡単なことではないんだ。彼ら(メルセデス)は非常に強く、他の全チームに限界を示している。マシンを速くし、彼らにプレッシャーをかけるための解決策を思いつけるかは僕たち次第なんだ」

 ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスを擁するメルセデスは、今季開幕から8連勝を挙げている。ワンツーフィニッシュ6度、表彰台を逃したのはカナダGPのボッタス4位のみで、まさにシーズンを支配していると言っていい。

 このような状況で、どうやってモチベーションを高めているかを訊かれると、ベッテルは「おそらく、僕は十分に頭が良いわけじゃないから、あまりそういったことを考え抜いていないんだ」と答えた。

「僕はただ前を見ている。チームの一員だし、そうでありたいと思っている。僕にできる限り、チームを助けようとしているんだ。次のレースを楽しみにしているし、今後3〜5レースあるいは将来に向けた正しい道を見出すため、チームを助けたい」

「昨年やこれまでと違った挑戦をしているとは思わない。僕たちは間違いなく、2015年や2016年よりも良いポジションにいるんだ」

「昨年の今頃、僕たちにもっと競争力があったのは事実だ。リザルトやギャップという点で10レース前の僕たちがどこにいたか、前回のレースはどうだったか、といったことに時間を費やす意味はあまりない」

「重要なのは、それらのレースを振り返り、もっと良くなるために必要なことを理解することだ」

こちらも:

次の記事
ホンダ“スペック3”PUは航空チームと共同開発。今後の“飛躍”に一役買うか?

前の記事

ホンダ“スペック3”PUは航空チームと共同開発。今後の“飛躍”に一役買うか?

次の記事

「我々はマクラーレンと同じくらい速い」ルノーF1代表が主張

「我々はマクラーレンと同じくらい速い」ルノーF1代表が主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell