ベッテル、開幕戦制すも「メルセデスとの"本当のバトル"ではなかった」

ベッテルは、2018年開幕戦オーストラリアGPで優勝を果たしたものの、メルセデスとの"本当のバトル"ではなかったと語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2018年開幕戦オーストラリアGPで優勝を果たしたものの、メルセデスとの"本当のバトル"ではなかったと語った。

 ベッテルとその同僚のキミ・ライコネンは、オーストラリアGPの予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)の驚異的なタイムに太刀打ちすることができず、結局0.7秒差つけられた。

 しかし決勝になると、ピットインのタイミングを遅らせたことでトップに立ったベッテルは、運良く出動したバーチャルセーフティーカーのおかげで、順位を落とすことなくタイヤ交換を済ませることができた。その後、ベッテルは迫り来るハミルトンを抑え切り、トップでチェッカーフラッグを受けた。

「レースウィークでのメルセデスとのギャップを見れば、今回のレースはメルセデスとの"本当のバトル"とは言えない」とベッテルは語った。

「今の時点では、僕たちが理想のポジションに位置していないということを理解している。僕たちは一番速くなりたいんだ」

 ベッテルは、2年連続でポールポジションのハミルトンを抑え切り、オーストラリアGPを制した。それでもベッテルは、昨年とのレース状況は違っており、今年勝利できたことに驚きもあったと述べた。

「昨年の僕たちはメルセデスよりも良いペースを発揮し、彼らを圧倒していた」

「ルイスがレースをリードしていたのに、彼にプレッシャーをかけることができた。僕たちのスピードが良かったから、彼はピットストップすることを余儀なくされた」

「でも今回のレースでは、"真のレースペース"で彼らに対抗できたわけではなかった」

「ピットストップを遅らせるだけのペースがあったし、彼に差をつめられないようにしようとしていた。僕たちの背後についてこれるマシンはなかったとは言えないけど、ある程度のペースを発揮できていたと思う」

 レース中盤でのピットストップ戦略によって首位に立ったが、レース序盤でハミルトンの背後につけたのはライコネンであり、その時のベッテルの順位は3番手であった。ベッテルはSF71Hに対する完全な自信を持つことができていないと述べた。

「マシンには大きなポテンシャルがあると思うけど、僕はまだ苦戦している」

「僕がマシンを減速させたいと思ったその時に、ブレーキが効くようになって欲しいんだ。まだその領域に満足できていない」

「でもそういうところは、いつも妥協している。僕たちドライバーの仕事はそういった問題を抱えたマシンをドライブすることだからね」

「何も大きなドラマはなかった。でもこのようなサーキットでこそ、"自分のマシンが一番速いんだ"という自信を持ってていれば、大きな違いを生んでいただろう」

「今日はかなり風が強かった。常にプッシュしようとしていたが、同じように安牌も狙っていた。それを捨てることはできなかった。そういう時、マシンへの自信のあり方が大きな違いを生むんだ」

「もしマシンに信頼を置くことができたなら、何も考えずにレースに打ち込むことができると思う」

Additional reporting by Andrew van Leeuwen

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ルイス ハミルトン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース