FIAが2017年F1カレンダーを暫定的に公表。来季もル・マンと日程バッティングか?

シェア
コメント
FIAが2017年F1カレンダーを暫定的に公表。来季もル・マンと日程バッティングか?
Roberto Chinchero
執筆: Roberto Chinchero
2016/09/06 11:23

FIAはドラフト版2017年F1カレンダーを公表。正式確定は9月以降になる予定だ。

Start behind the Safety car
Starting grid
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Fernando Alonso, McLaren MP4-31
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid leads Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid, leads Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
The grid before the start of the race

  FIAはドラフト版2017年F1カレンダーを公表した。9月末までに抗議がない限り、2017年6月18日のF1のアゼルバイジャンGPと、ル・マン24時間レースがバッティングする可能性が高い。

 今回公開されたカレンダーはまだ変更される余地があり、正式発表は9月末以降になる見込みだ。ドラフト版のカレンダーの発表により、チームは暫定的な2017年活動計画の枠組みを作ることが可能になる。
 特に、レギュレーションが大きく変わる来季F1のシーズン開幕戦の日時は、チームにとって重要なポイントであり、それは先週の段階で3月26日オーストラリアGPになると公表されている。
 これによりチームは、シリーズ開幕戦に向けてテストプログラムを確定することができる。
 オーストラリアGPが確定したことによって、チームは2回(2月27日〜3月2日、3月7日〜10日)のプレシーズンテストを計画している。場所はまだ未確定だ。
 チームに暫定的に示されたカレンダーでは、オーストラリアGPの翌週に中国GPを予定しているが、ロジステック的側面から見て、計画通り開催できるかどうかは未だ不透明な状態だ。
 予定されている21レースは今年と同様、7月の4レースの後にサマーバケーションが入るパターンとなっている。
  また、ドイツ、カナダ、ブラジルの3つのグランプリは、将来が不安視されていたものの、今回のカレンダーに含まれている。
 F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンが、世界モータースポーツ評議会にカレンダーの提出をするのは9月末の事。それが提出されるまでは日程の変更は可能だ。
 チームに公表された2017年の暫定カレンダーは以下の通りだ。
Date Venue
March 26 Australia  
April 2 China 
April 16 Bahrain 
April 30 Russia 
May 14 Spain 
May 28 Monaco 
June 11 Canada 
June 18 Azerbaijan 
July 2 Austria 
July 9 Britain 
July 23 Hungary 
July 30 Germany 
August 27 Belgium 
September 3 Italy 
September 17 Singapore
October 1 Malaysia 
October 8 Japan 
October 22 United States 
October 29 Mexico 
November 12 Brazil 
November 26 Abu Dhabi 

 

次の F1 ニュース
シンガポールGPタイヤ選択数リスト:フェラーリ、ウルトラソフト9セットを持ち込む

前の記事

シンガポールGPタイヤ選択数リスト:フェラーリ、ウルトラソフト9セットを持ち込む

次の記事

メルセデス、2017年のピレリタイヤをテスト

メルセデス、2017年のピレリタイヤをテスト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Roberto Chinchero
記事タイプ 速報ニュース