FIA会長、F1新ルール策定で”新規参入候補”を優遇するのは不公平と警告

FIA会長のジャン・トッドは、現在F1に参戦しているメーカーの投資を無視して、将来のルール作りを進めるべきではないと考えている。

 FIAとF1は、2021年以降のF1エンジンルールについての提案を行ったものの、メルセデスやフェラーリ、ルノーがコストの劇的な増加を招く恐れがあるとしてこれに反対を表明している。

 しかし一方で、現在のルールを調整しなければ、イルモアやコスワースのような独立系企業がF1に参入してくる可能性がほぼないことも事実だ。

 現在参戦中のメーカーと今後の参戦が期待されている企業、そのどちらにも喜ばれるような新ルールが期待されているが、FIA会長のジャン・トッドは、現在F1に参戦しているメーカーがターボ&ハイブリッドの”パワーユニット”時代を戦うために行った投資を無視し、今後F1に参入する余裕がないかもしれない企業を優遇するのは間違いだと明言した。

「私が不公平だと感じるのは、現在参戦しているエンジンサプライヤーの存在を軽んじ、参入してくるかもしれない者の意見に耳を傾けることだ」とトッドは説明した。

「現在の状況を鑑みて、将来のエンジンについて何が最善の進化なのかを見極めることは重要なことだ。しかし、これまでに投資を行ってきた人々のことをリスペクトすることも重要だ」

 トッドは、パワーユニット導入の動きを推進した重要人物のひとりだが、すべての分野でパワーユニットを支持しているわけではないようだ。

 彼は、エンジンサウンドと運用コスト、そしてパワーユニットが複雑すぎるという点については、改善が必要だと感じており、2021年に導入されることになるエンジンが”進化”することが不可欠であると考えている。

「私は、それは複雑すぎると思っている。それに、高価過ぎるとも思う。しかし、おそらく次世代のエンジンを導入するというのは、非常に素晴らしい前進であり、我々が今使っているエンジンが、一歩進化することを意味する」

「私は、まったく新しいエンジンを開発するということには反対だ。しかし、我々は今使用しているエンジンから学んだことを踏襲し、巨額の投資をしてきた既存のマニュファクチャラーたちが次世代のエンジンへの投資を楽しめるようにすべきだと思うし、そのエンジンが新規参入を促進するようなものでもあるべきだと思う」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース