F1
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
7 days
R
第14戦イタリアGP
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
14 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
28 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
35 days
R
第17戦日本GP
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
R
第18戦メキシコGP
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
63 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
70 days
R
第20戦ブラジルGP
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
84 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
98 days

FIA「フェルスタッペンは、許容範囲の限界だがフェアだった」と結論

シェア
コメント
FIA「フェルスタッペンは、許容範囲の限界だがフェアだった」と結論
執筆:
2016/07/29 15:45

ハンガリーGPのスチュワードは、フェルスタッペンがライコネンに対して行ったディフェンスは、許容範囲内だったと結論づけた。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB12
Max Verstappen, Red Bull Racing RB12
Max Verstappen, Red Bull Racing

 F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、ドイツGPのドライバーズブリーフィングにおいて、ハンガリーGPでのフェルスタッペンの行動について調査結果を明らかにした。

 レース中の問題行為に対して、論争はレース後に起きた。結果、フェルスタッペンは、ライコネンへハードなディフェンスをしたものの、F1のルールを破っていないと判断された。

 ホワイティングはホッケンハイムで次のように述べた。

「チームの関係者を含めた多くの人が、マックスはポジションを守るために、2回以上ラインを変えたように考えたと思う。しかし我々は、彼がそうしたとは思わない」

「多くのドライバーにとって望ましくないことだが、ブレーキングゾーンに入ることに関しては実際のルールがない。だが今後はブリーフィングで議論するつもりだ」

「今回の件は、許容範囲の限界だった。スチュワードたちにこの2度の出来事を見るように言い、レース後にもう一度検討するように言ったが、彼らは、『強引なディフェンスだが、フェアなものだった』と考えた。これが今回の『強引なディフェンス』についての説明だ」

次の記事
リカルド、レッドブルvsフェラーリは”超接近戦”になると予想

前の記事

リカルド、レッドブルvsフェラーリは”超接近戦”になると予想

次の記事

ドイツGPでもコーナーでの自動検知システム+トラックリミット3回ルールを採用

ドイツGPでもコーナーでの自動検知システム+トラックリミット3回ルールを採用
コメントを読み込む