FIA、フリー走行出走のための”ライセンス”発行を厳格化

FIAは、来シーズンからフリー走行に出走するためのライセンス発行に関する条件を厳格化する。

 FIAは2018年より、F1のフリー走行に出走するドライバーへの”暫定”ライセンス発行ルールを厳格化することを決定した。

 これまではドライバーのシングルシーターの経験に基づいてFIAが十分な判断を下すことができる限り、”フリー走行のみのスーパーライセンス”を得るためには、2日以上”F1マシン”に乗って300km以上を走破し、スポーティングレギュレーションに関する質問に答えるという2点が要求されていた。その後再び”暫定的”ライセンスを申請するためには、ドライバーはスポーティングレギュレーションに関してチームに正しい説明ができることを証明することのみが必要とされていた。

 しかし来シーズンからは、この基準が厳格化される。

 初めてF1のフリー走行に出走する場合、FIA F2に6レース出場していること、もしくは過去3年以内に指定されたチャンピオンシップにおいてスーパーライセンス発行に必要なポイントを25以上獲得していることが要求されることになった。そのドライバーが”暫定ライセンス”を申請する場合は、F2にフル参戦するか、3シーズン以内にスーパーライセンス発行に必要なポイントを25以上獲得したことを証明する必要がある。

 なお2017年にフリー走行に出走したリザーブまたはサードドライバーの中では、フォースインディアから参加したアルフォンソ・セリスのみがこの規定に影響を受ける。トロロッソから出走したショーン・ゲラエルは25ポイントを獲得できていないものの、F2参戦の条件は満たしている。

 また以前から要求されているF1マシンでの走行距離、レギュレーションに関する知識、FIAによる”シングルシーターのフォーミュラカーにおいて一貫して傑出した能力を証明している”という判断は、FIAの国際スポーティングコード付録Lの5条の下で引き続き有効となる。

 FIAは今年の9月にスーパーライセンスのポイントシステムを変更している。F2やインディカーなどではこれまで通りライセンス獲得条件を満たす40ポイントが与えられることになっているが、WEC(世界耐久選手権)のLMP1クラス、フォーミュラE、ヨーロッパF3選手権などでは獲得ポイントが減らされている。

 またスーパーフォーミュラでもチャンピオンに与えられるポイント数が変更され、25から20に減っている。

 2015年にマックス・フェルスタッペン(現レッドブル)が17歳の若さでスーパーライセンスを手にして以来、FIAはスーパーライセンス発行をさらに調整しようと組織として力を注いでいる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース