FIA、リバティ・メディアが発表した新F1ロゴに”高評価”

リバティ・メディアが決断したF1ロゴの変更。これについてはFIAも、公式に支持する立場を表明した。

 F1アブダビGPの表彰台で公開されたF1の新しいロゴ。これまでの黒と赤で形づくられた見慣れたロゴから、赤一色の近代的なロゴへと変貌を遂げた。これはファンの間でも賛否両論分かれている。

 FIAのジャン・トッド会長は、ファンの間に批判的な意見があることを知りつつも、リバティ・メディアが正当な理由でロゴの変更を行ったと信じている。そして、将来的には大きな問題になることはないと考えているようだ。

「これは進化だ」

 トッド会長はそう語った。

「ちなみに商業権の所有者は、FIAの合意があれば、ロゴを変更することができる。そして彼らは非常に専門的な人々だ」

「学習の成果がF1の発展のために繋がっているということを示すならば、それを奨励すべきだと私は思う。彼らは非常に才能のあるビジネスマンであり、それはかつてFOXの会長であったチェイス・キャリーによっても実証されている」

「彼は非常にうまくやっている。彼の周りには素晴らしい専門家が揃っているため、私は彼らの判断を信頼している。彼らの動きを見てきたが、良い進化を遂げていると思う」

 リバティ・メディアはこの数週間、チームやメーカーから批判を受けてきた。それは新しいパワーユニットのレギュレーション案や、賞金の減額に関するものだ。しかしトッド会長は、リバティ・メディアの存在は、F1にとって良いモノになると信じている。

「リバティ・メディアは強力なグループであり、チェイス・キャリーは素晴らしいCEOだ」

 そうトッド会長は語る。

「彼は非常に専門的な人材を集め、体系的な組織を構築している」

「これまでとは違うアプローチだ。しかし私は、非常に専門的であると感じるし、彼らはとてもうまく機能している。それについてはとても嬉しく思っている。私はF1を愛する全ての人が満足し、F1が良い状態にあると感じるようになるはずだと思う」

「世界的に見れば、F1は良い状況にあると思う。しかし通常の生活の一部であるということについては、まだかなりの問題に取り組まなければならない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース