F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
22 時間
:
38
:
20
28 8月
次のセッションまで……
14 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
21 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
28 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
42 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
56 days
23 10月
次のセッションまで……
70 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
78 days

FIA、レッドブルリンクの縁石を変更せず。サストラブルの原因は周波数

シェア
コメント
FIA、レッドブルリンクの縁石を変更せず。サストラブルの原因は周波数
2016/07/02 22:42

FIAは、レッドブルリンクの縁石について、変更を予定していないことを明らかにした。

Kerbs
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso after a big crash
The damaged Scuderia Toro Rosso STR11 of Daniil Kvyat, is craned away after he crashed during qualifying
Broken suspension of Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
The Mercedes AMG F1 W07 Hybrid of Nico Rosberg, after he crashed in the third practice session
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso

 土曜日に多くのマシンのサスペンショントラブルをもたらした、コース脇の縁石。メルセデスの技術チーフであるパディ・ロウとGPDAのアレクサンダー・ブルツ、そしてトロロッソのダニール・クビアトは、縁石の見直しの提案した。そして彼らは、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングのコース検査に同行した。

 ホワイティングは正式に、この縁石は他のコースでも多く使われているものであり、その論理的根拠と安全性について説明した。そして、すべての縁石を変更する必要がないと明らかにした。

 この特別なコースでは、ドライバーは通常よりも多く縁石を使用することができる。そして、その際に多くのマシンに問題が起きたと考えられている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、「この奇妙な出来事は最初、負荷によってサスペンションが傷つけられたように見えた」と説明した。

「しかしデータを分析した結果、サスペンションには大きな負荷がかかっていなかった。その問題は周波数が原因で、それがタイヤに振動を与え、さらにはサスペンションを壊すことになった。それがなぜ起きるのか、我々には分からない」

「その引き金となったのは、新しくなった赤い縁石のように見える」

 FIAは懸念を持つチームに対し、ドライバーにあまり縁石を使用させないよう、確認する必要があるとしている。

バトン”リスクを取って、最後のラップに賭けた”

前の記事

バトン”リスクを取って、最後のラップに賭けた”

次の記事

ハミルトン、”フェラーリのタイヤ選択が有利”と恐れる

ハミルトン、”フェラーリのタイヤ選択が有利”と恐れる
コメントを読み込む