FIA、来季より反則スタートに関する規制を厳格化

FIAは2018年よりドライバーに対し反則スタートに関するレギュレーションを厳格化する方向性にある。

 FIAは、2018年からフライングなどを含む”反則スタート”に関するレギュレーションを厳格化しようとしている。

 オーストリアGPではメルセデスのバルテリ・ボッタスがフライングスタートをしたと疑われる事件があった。これについてFIAは審議を行い、結局ボッタスが罰せられることはなかった。

 その出来事に対し他のドライバーたちは、シグナルが消灯するタイミングを見計らない限り、そのようなスタートを切ることはできないと主張していた。

 また中国GPではフェラーリのセバスチャン・ベッテルがグリッド上の定位置から少し外れたところからスタートし、彼のスタートのデータがFIAに記録されなかったという事態も発生した。

 現在のFIAのF1競技規則第36.13条には以下のように記されている。

「反則スタートに対しては第38条3c)あるいはd)のペナルティが科せられる。その判断は、所定の方法で車両への取り付けが義務づけられているFIA供給のトランスポンダーを使用して行われる」

 ここで記されているペナルティの内容は、「ドライブスルー」または「10秒のストップ&ゴー」である。

 しかし来シーズンより反則スタートに関するレギュレーションが厳しくなり、以下のように変更される予定だ。

「第38条3c)あるいはd)に基づくペナルティのいずれかが、以下の条件のいずれかに当てはまると判断されたドライバーに科される」

「a)スタートシグナルが消灯する前に動き出す。なおその判断は、所定の方法で車両への取り付けが義務づけられているFIA供給のトランスポンダーを使用して行われる」

「b)スタートグリッドにつく際、FIA供給のトランスポンダーがスタートの瞬間を検出することができない位置に自分のマシンを置く」

 つまり、来季よりスターティンググリッドに正確にマシンを置くことをドライバーに義務付け、また彼らが誤ったスタート位置についた場合、ペナルティが科されるということになる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース