F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

レーシングポイント・フォースインディア誕生。ランキングはゼロから

シェア
コメント
レーシングポイント・フォースインディア誕生。ランキングはゼロから
執筆:
2018/08/24 1:06

FIAはベルギーGPから、買収されたフォースインディアが、レーシングポイント・フォースインディアとして新規参戦することを承認した。

 レーシングポイント社に買収されたフォースインディアは、ベルギーGPからは”レーシングポイント・フォースインディア”として参戦。FIAもこれを承認した。

 資金難に陥っていたチームは、夏休み前のハンガリーGPの週末に破産申請を行い、管財人の管理下に入っていた。その後、ローレンス・ストロールが率いる投資家コンソーシアムがチームの救済に合意。チームの存続に明るい光が差した。

 しかし、前オーナーのビジェイ・マリヤらが関係する法的問題など、様々な問題が複雑に絡み合っており、それらの整理を管財人の指定した期限内に完了することができなかったと言われる。

 そのためストロールらのコンソーシアムは、チームのマシン、ファクトリー、レースに必要な財産を買収。”フォースインディア”が持つのは参戦権のみという状況となっていた。

 FIAは、23日に新オーナーによるエントリーを承認。全く新しいエントラントとして、”レーシングポイント・フォースインディア”がエントリーする形となったため、”フォースインディア”のエントリーはコンストラクターズランキングから除外されることになった。なお、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンが獲得したポイントは、ドライバーズランキングでは有効である。

 チーム代表には、これまでCOOを務めてきたオットマー・サフナウアーが就任した。副チーム代表だったボブ・ファーンリーはチームを去ることになった。

「新生レーシングポイント・フォースインディアチームが、ベルギーGPでレースを始めることができて、喜んでいる」

「我々にとって、エキサイティングな新章の始まりだ。わずか数週間前は、将来が不確実であり、400人以上の雇用が危険にさらされていた。新チームは、コンソーシアムの投資を受けている。彼らは我々がひとつのチームであると信頼してくれている。我々の専門知識とポテンシャルが、トラック上での成功につながると考えているんだ」

「FIAや管財人、FOMのサポートに感謝している。彼らの助けによって、このような結果が達成できた。最終的には、このスポーツと多くのファンのためになると、我々を信じてくれた」

 FIA会長のジャン・トッドは次のように述べた。

「このような重要でポジティブな結果が得られて非常に喜ばしいし、シーズン途中からレーシングポイント・フォースインディアが参戦することを歓迎する」

「財政状態を安定させられる環境を作ることは、F1が直面する重要な課題のひとつだ。だがFIAや共同管財人、レーシングポイント、FOMの尽力のおかげで、優秀なスタッフ全員の未来を守り、シーズン後半もフェアで統制されたチャンピオンシップが維持される」

コンストラクターズランキング

Pos. Team Points
1 Mercedes 345
2 Ferrari 335
3 Red Bull 223
4 Renault 82
5 Haas 66
6 McLaren 52
7 Toro Rosso 28
8 Sauber 18
9 Williams 4
10 Racing Point 0
EX Force India (59)
次の記事
ハミルトン&ベッテル、スパで両者同時にPUアップグレードを投入

前の記事

ハミルトン&ベッテル、スパで両者同時にPUアップグレードを投入

次の記事

フェルスタッペン、僚友の移籍に疑問。リカルドが見た”良い兆候”とは?

フェルスタッペン、僚友の移籍に疑問。リカルドが見た”良い兆候”とは?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フォースインディア
執筆者 Jonathan Noble