FIAトッド会長、プーチン大統領と会談。ロシアのモータースポーツの将来を語る

シェア
コメント
FIAトッド会長、プーチン大統領と会談。ロシアのモータースポーツの将来を語る
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2018/12/08 4:36

FIAのジャン・トッド会長とロシアのウラジミール・プーチン大統領が、サンクトペテルブルグで会談を行った。

 FIAのジャン・トッド会長は、金曜日にロシアのサンクトペテルブルグで行われたFIAの総会に出席。その際に同国のウラジミール・プーチン大統領と会談し、ロシアのモータースポーツの将来について話し合いを行った。

 プーチン大統領は、2014年から行われているF1ロシアGPに毎年出席。表彰式でのプレゼンターを務めている。

「我々はここで、ロシアにおけるモータースポーツの発展を記すことができる」

 プーチン大統領は、トッド会長にそう語った。

「F1レースだけではない。我々はサンクトペテルブルグに、レースセンターを建設中だ。それについての評価と助言をしてほしい」

 この会談の後、トッド会長はプーチン大統領に、大統領の名前入りヘルメットを贈呈。これには、ミハエル・シューマッハーやニコ・ロズベルグら、歴代スターのサインが入れられている。

 
 

次の記事
6連覇目指すメルセデス、野心的なPU開発目標掲げるも達成に苦心?

前の記事

6連覇目指すメルセデス、野心的なPU開発目標掲げるも達成に苦心?

次の記事

「ザウバーは良いクルマを作れる」ライコネン、チーム体制に自信

「ザウバーは良いクルマを作れる」ライコネン、チーム体制に自信
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Charles Bradley