F1ドライバー最低年齢、条件付きで引き下げ“17歳”もOKへ。メルセデス育成のアントネッリ、夏休み前のデビューあるか?

FIAはF1参戦に必要なスーパーライセンスの発給条件の文言を一部変更した。これにより17歳でのF1参戦の可能性が生まれ、メルセデスの秘蔵っ子アンドレア・キミ・アントネッリが2024年中にデビューを果たす可能性が高まった。

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

Andrea Kimi Antonelli drives Mercedes W12

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

 F1参戦のためには現在、FIA F2などの別シリーズの結果に基づいて与えられるスーパーライセンスポイントを一定以上溜めて、スーパーライセンスの発給を受ける必要がある。そしてスーパーライセンスが発給される最低年齢は18歳と規定されていたが、その規定に一部変更があった。

 国際スポーツ規約の13条1項2付録Lは、次のように改められた。

『FIAの独自の裁量によって、シングルシーターのフォーミュラカー競技において最近一貫して傑出した能力と成熟を示していると判断されたドライバーには、17歳でスーパーライセンスが与えられる可能性がある』

 17歳のドライバーにもF1デビューの可能性が開かれることになるこの規約更新は注目に値するものだ。なぜなら、メルセデスの育成ドライバーで“秘蔵っ子”とされるアンドレア・キミ・アントネッリが今年8月に18歳を迎える前にF1公式セッションデビューを果たす可能性が出てくるためだ。

 アントネッリは2024年シーズンからFIA F2に参戦しているまだ17歳の若手。メルセデスが高い期待を寄せているドライバーで、2022年にイタリアとドイツのFIA F4でチャンピオンを獲得し、2023年はフォーミュラ・リージョナル欧州と中東でチャンピオンに。今シーズンはF3を飛び級してプレマからF2に参加しているが、まだ未勝利という状況だ。

 F2へ足を踏み入れたばかりのアントネッリへの注目が大きくなっている理由には、ルイス・ハミルトンがメルセデスを離れることと関係している。

 メルセデスが後任ドライバーを探している中で、アントネッリはその候補として持ち上がってきた。そして一説ではメルセデスがパワーユニットを供給するウイリアムズで、2024年シーズン中にもローガン・サージェントと交代してF1デビューを果たすのではないかという憶測があった。

 その交代を実現させるにはスーパーライセンス発給条件のひとつである18歳という年齢の壁があったが、FIAに対して免除申請が行なわれたことが明らかになり、がぜん注目は高まった。

 そして今回の文言の修正によって、アントネッリが18歳を迎える前にスーパーライセンスを与えられる可能性が浮上してきた。そのため、FIAが許可を与えれば、アントネッリはサマーブレイク前にFP1、もしくはF1のレースデビューを果たせるかもしれない。

 

前の記事 ちょっと気が早すぎる!? ル・マン出場を望むフェルスタッペン、WEC複数チームからの「接触あった」と明かす
次の記事 総勢18人! 2024年のル・マン24時間レースに参戦する元F1ドライバー、全員言える?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本