F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

ドイツGP開幕を前にハプニング? バスがスタートライトに衝突

シェア
コメント
スライダー
リスト

壊れたスタートライト

壊れたスタートライト
1/7

写真:: Adam Cooper

壊れたスタートライト

壊れたスタートライト
2/7

写真:: Joe Portlock / Motorsport Images

壊れたスタートライト

壊れたスタートライト
3/7

写真:: Adam Cooper

壊れたスタートライト

壊れたスタートライト
4/7

写真:: Adam Cooper

修復にあたるスタッフ

修復にあたるスタッフ
5/7

写真:: Adam Cooper

修復にあたるスタッフ

修復にあたるスタッフ
6/7

写真:: Joe Portlock / Motorsport Images

修復にあたるスタッフ

修復にあたるスタッフ
7/7

写真:: Joe Portlock / Motorsport Images

執筆:
2019/07/26 6:59

F1のオフィシャルは、ドイツGP開幕を前にして壊れたスタートライトの修繕に追われた。

 F1第11戦ドイツGP開幕を前にした25日(木)、ホームストレート上にあるスタートシグナルが、バスに激突された影響で破損するというアクシデントが発生した。

 レースに向けての準備がされている中、バスの運転手はスタート/フィニッシュライン上に掲示された“頭上注意”の警告サインを見落とし、低い位置にあったスタートライトに衝突してしまった。

 上の写真が示すように、スタートライトは衝突の影響でほとんどの照明が落ちている。よってF1とFIAのオフィシャルは、壊れた部品を取り除き、残った部品が正常に機能するかどうか確かめる作業に追われることとなった。

 FIAはこういったトラブルに備えてスペアのライトを用意しているため、修理完了にそれほど時間はかからなかった。スタートライトはその日のうちに回復したという。

 今年の初め、第4戦アゼルバイジャンGPでも同様のトラブルが発生していた。ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のマシンを回収していた車両が、ピットロードに進入するためブリッヂの下を通過した際、高さを見誤りクレーン部分が衝突。この衝突でクレーンのアームが破損し、漏れ出た油圧液がラッセル車を汚してしまうというアクシデントがあった。

Car of George Russell, Williams Racing FW42 returns to the pit lane on the back of a low loader

Car of George Russell, Williams Racing FW42 returns to the pit lane on the back of a low loader

Photo by: Mark Sutton / Sutton Images

次の記事
ルノーのパフォーマンスに落胆も……ヒュルケンベルグ、チーム残留には楽観的

前の記事

ルノーのパフォーマンスに落胆も……ヒュルケンベルグ、チーム残留には楽観的

次の記事

F1メカ解説|第11戦ドイツGPピットレーン直送便

F1メカ解説|第11戦ドイツGPピットレーン直送便
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
執筆者 Jonathan Noble