FIA、フェルスタッペンとオコンの”小競り合い”、これ以上の審議は必要なし

シェア
コメント
FIA、フェルスタッペンとオコンの”小競り合い”、これ以上の審議は必要なし
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
協力: Edd Straw
2018/11/15 0:40

FIAは、ブラジルGP決勝後に起きたフェルスタッペンとオコンの小競り合いについて、これ以上の審議を行う必要はないと考えている。

 FIAは、ブラジルGP決勝後に起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とエステバン・オコン(フォースインディア)の小競り合いについて、これ以上何らかの反応をする必要はないと考えている。

 フェルスタッペンには、レース後にオコンを突き飛ばしたとして、2日間の社会奉仕活動の従事するという罰則が言い渡された。

 出来事の後、ふたりのドライバーはスチュワードに召喚され、フェルスタッペンは”意図的な身体の接触”をしたと裁定。一方オコンについては、やり返したにもかかわらず、何の罰則も与えられなかった。

 FIAのF1レースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、この事件についてこれ以上の措置は行わないことを明言した。

 さらなる話し合いが必要なのではないかと尋ねられたホワイティングは、motorsport.comに次のように話した。

「我々はすでにそれを行った。私は、スチュワードが全てを明確にしたと思う」

「現実的になろうじゃないか。こういう事は、過去に何度も起きてきた。我々全員、それを知っている」

「実際の出来事に関して言えば、それほど深刻なようには見えなかった。しかし、いかなる身体的な接触も許されないと考えている」

 ホワイティングはまた、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、レース後に発した「突き飛ばされただけで逃げることができたオコンはラッキーだ」とのコメントについては、それほど重要ではないと考えている。

「聞いたところで、良い感じはしないがね。でも彼らは勝てるはずだったレースを失ったのだから、そういうようなコメントを理解することはできる」

次の記事
ザウバー、若手育成プログラムを立ち上げ。F2参戦のチャロウズと提携

前の記事

ザウバー、若手育成プログラムを立ち上げ。F2参戦のチャロウズと提携

次の記事

トラブルの連続に苦しむリカルド「”アッパー”を食らっているみたい……」

トラブルの連続に苦しむリカルド「”アッパー”を食らっているみたい……」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン , マックス フェルスタッペン 発売中
執筆者 Scott Mitchell