F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
11 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
39 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
46 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
60 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
74 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
81 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
95 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
102 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
116 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
130 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
158 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
165 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
179 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
186 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
200 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
214 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
221 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
235 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
249 days

F1マシンの”標準化”進む。ホイールリムとブレーキパーツの入札が開始

シェア
コメント
F1マシンの”標準化”進む。ホイールリムとブレーキパーツの入札が開始
執筆:
2019/04/30 2:58

FIAは、F1チームのコスト削減策の一環として、2021年から導入される標準ブレーキシステムとホイールリムの入札を開始した。

 2021年に新世代のマシンを導入すると共に、様々な面で見直しを図る予定のF1。FIAは、チームがわずかなパフォーマンス向上を求めて、多額の予算をつぎ込む分野を制御することを望んでいる。

 ギヤボックス内部構造の標準化に向けて、すでに入札が開始されているのは、motorsport.comで既報の通りだが、新たにブレーキシステムの一部パーツとホイールリムの2つの入札が開始されたようだ。

 入札を勝ち獲ったメーカーは、2021年から2024年まで供給するが、チームとの交渉次第で2025年までそれが延長される可能性がある。

 ブレーキの入札は、ふたつに分かれている。ひとつはブレーキパッドとブレーキディスク、もうひとつはそれ以外の油圧ブレーキシステムで、フロント及びリヤのブレーキキャリパー、マスターシリンダー、ブレーキ・バイ・ワイヤのコンポーネントが含まれている。

 ホイールリムの入札は、2021年からリム径が18インチになるのに伴い、ホイール幅もわずかに変更される。各チームには、年間で最低60セットのリムが提供されるという。

 全ての入札者は、全チームに同じ仕様のパーツを供給すること、F1が期待する性能を達成していることが求められる。

 入札の締め切りは5月22日で、FIAは6月14日に入札の結果を判断する予定だ。

 F1マネージングディレクターのロス・ブラウンは、標準パーツの適用範囲は、現在入札されているものよりも、大幅に拡大すると示唆している。

 ブラウンは、F1の公式ウェブサイトに次のようにコメントしていた。

「例えばだが、我々は全てのチームに、同じピット機材を持たせることを望んでいる」

「共通化すべきだという根拠のあるものはたくさんある。変更すべきではないと意見が一致しているものもあるし、議論の真っ最中のものある。例えば、みんなが独自の(車載)消火器を作っている。技術的には素晴らしいチャレンジだが、パフォーマンスを向上させることはできない。標準化することでコストを削減することができる」

 原則的には、FIAは6月末までに2021年のF1技術規則を最終決定する必要があるが、チームはこの動きがさらに遅れる可能性について議論している。

Red Bull Racing RB15 wheel detail

Red Bull Racing RB15 wheel detail

Photo by: Giorgio Piola

次の記事
「中国GPで既に分かっていた」アルファロメオ、“フロントウイング違反の修正”が間に合わず

前の記事

「中国GPで既に分かっていた」アルファロメオ、“フロントウイング違反の修正”が間に合わず

次の記事

パトレーゼ”レッド5”のウイリアムズFW14をドライブ「素晴らしいフィーリングだった」

パトレーゼ”レッド5”のウイリアムズFW14をドライブ「素晴らしいフィーリングだった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble