F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

Q2タイヤ使用義務撤回&スタート練習の制限……F1レース改革はどうなる?

シェア
コメント
Q2タイヤ使用義務撤回&スタート練習の制限……F1レース改革はどうなる?
執筆:
2019/10/29 22:57

現在F1では予選Q2で最速タイムを記録したタイヤをレーススタート時に使用する義務が課されているが、FIAはこの規則の撤廃を計画しているようだ。

 現在のF1では、予選Q3に進出したマシンは、予選Q2で最速タイムを記録したタイヤでレースをスタートすることが義務付けられている。これはそもそも、トップ10のマシンをそれより後ろのマシンより柔らかく、耐久性の低いタイヤでスタートさせ、レースに動きを与えることが目的だった。

 ただ現状、トップ3チームはソフトタイヤを使用せずともQ3に進出できてしまっており、こうしたルールはあまり意味をなしていないとも言える状況だ。

 そして、2020年スポーティングレギュレーションの最新の草案では、当該のルールが削除されているという。

 ただ通常の規則変更の期限である4月30日は既に過ぎ去っているため、このルール変更には全チームの同意が必要とされる。そして少なくとも1チームがこの規則変更に反対の姿勢であることが分かっている。

 また2020年シーズンに向けて、未承認である別の規則変更案として、FIAはレースウィークを通じてスタート練習を制限することを望んでいるという。実際のレーススタート時に、不安定さを生み出すことが目指されているのだ。

 これが実現すれば、ドライバーはピットレーン出口でのスタート練習が行えなくなる。許可されるのはFP1とFP3各々のセッション最後に行われる機会のみだ。

 なおこうしたシステムは、ピットレーン出口でのスタート練習が不可能なモナコGPなどで既に活用されている。

Read Also:

次の記事
グロージャン&マグヌッセン、アメリカGPでNASCARマシンをドライブ!

前の記事

グロージャン&マグヌッセン、アメリカGPでNASCARマシンをドライブ!

次の記事

メルセデスは“ギャンブル”に成功した……フェラーリ代表、予想外のタイヤ寿命に驚き

メルセデスは“ギャンブル”に成功した……フェラーリ代表、予想外のタイヤ寿命に驚き
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper