F1
11 10月
イベントは終了しました
25 10月
イベントは終了しました
01 11月
イベントは終了しました
15 11月
イベントは終了しました

ポルトガルGPのトラックリミットが一部緩和。初日合計125回ものコース逸脱

シェア
コメント
ポルトガルGPのトラックリミットが一部緩和。初日合計125回ものコース逸脱
執筆:

F1レースディレクターのマイケル・マシは、F1ポルトガルGP初日に125回ものラップタイム抹消があったことを受け、トラックリミットを一部緩和した。

 FIAはアルガルヴェ・サーキットが開催されているF1第12戦ポルトガルGPに向けて、トラックリミット違反を厳格に取り締まっていた。特に、ターン1とターン4は縁石内側の白線を4輪全てがはみ出た場合、ラップタイムは抹消されることになっていた。

 今季これまでのレースでは、4輪のいずれかが縁石に乗っていればセーフと判断されたケースが多かったことを考えると、いつも以上に厳しい措置だったと言える。

Read Also:

 しかし、10月23日(金)に行なわれた2度のフリー走行で、ドライバーたちはこのトリッキーなふたつのコーナーでコースに留まるのに苦労した。新たに舗装された路面が滑りやすく、グリップが不足していたことも状況が悪化した要因となった。

 FIAが発表した資料によると、2度のセッションで合計125回もトラックリミット違反があり、ラップタイムが抹消されたという。

 金曜夜に行なわれたドライバーズブリーフィングでの議論を経て、F1レースディレクターのマイケル・マシは土曜午前にイベントノートを修正し、規制を緩和したことを明らかにした。

 今後は、ドライバーがコースを離れ、ターン1とターン4の縁石の後ろまではみ出た場合、トラックリミットに違反したとみなされるという。

 一方で、最終コーナーであるターン15では、マシンの一部がコースに接触していなければ、コースを離れたと判断されるようだ。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、オランダのTVチャンネル『Ziggo Sport』に次のように語った。

「1月にここに来たときは、本当に素晴らしいサーキットだと思っていたんだけど、新しいアスファルトが敷かれて、今はグリップがほとんどないんだ」

「クルマがスライドして、コースから出ていってしまうような奇妙な瞬間があるんだ。少しスピードを上げてコーナーに入っただけで、突然グリップがゼロになってしまうんだ。だから、今のところはあまり好きではないと言わざるを得ない」

Read Also:

フェルスタッペン、ストロールとの接触時に発した暴言に批判集まるも「気にしない」

前の記事

フェルスタッペン、ストロールとの接触時に発した暴言に批判集まるも「気にしない」

次の記事

F1ポルトガルFP3速報:ボッタスがフリー走行3連続トップ。フェルスタッペン3番手

F1ポルトガルFP3速報:ボッタスがフリー走行3連続トップ。フェルスタッペン3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ポルトガルGP
執筆者 Jonathan Noble