イタリアGPのDRSゾーンが延長。今季残りの4レースでも同様の措置

シェア
コメント
イタリアGPのDRSゾーンが延長。今季残りの4レースでも同様の措置
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/08/30 6:31

FIAはシーズン残りの数レースについてDRSゾーンに変更を加えることを発表した。

 FIAは、オーバーテイクの機会を増やす一環として、シーズン中に多数のトラックでDRSゾーンを追加・修正している。今回は、今週末に第14戦イタリアGPが開催されるモンツァを含め、5レースでDRSゾーンが延長されることが発表された。

 F1のレースディレクターのチャーリー・ホワイティングが発表した計画では、モンツァに関してはレズモ(7コーナー&8コーナー)を抜けてからアスカリ・シケインまでの第2DRSゾーンが延長される。

 また、ソチ・オートドロームで開催される第16戦ロシアGPはメインストレートから1コーナーにかけてのDRSゾーンが変更の対象に。サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される第18戦アメリカGPではバックストレート(11コーナー〜12コーナー間)のDRSゾーンが延長される予定となっている。

 第20戦ブラジルGPを開催するインテルラゴスは、エス・ド・セナと呼ばれる1・2コーナーを抜けた先のDRSゾーンが100m伸ばされるようだ。さらに最終戦アブダビGPでは、2カ所あるDRSゾーンの両方が拡大されることになる。

 先週末に行われたベルギーGPでは、オーバーテイクが比較的多かったこともあって、DRSゾーンが長すぎるのではないかという疑問が生じたが、ホワイティングは問題があるとは考えていないようだ。

「スパは別だ、違うか?」

「セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)がDRSなしでルイス(ハミルトン/メルセデス)を抜いたのは、単純に彼の方がうまくオールージュを抜けたからだ。それを、他の場所でも見られるか? 他のサーキットになれば事情も違ってくる」

次の F1 ニュース
ルノー”スペックC”パワーユニットは、モンツァで0.3秒の効果?

前の記事

ルノー”スペックC”パワーユニットは、モンツァで0.3秒の効果?

次の記事

ザウバー代表、”元教え子”バンドーンは「来年の候補ではない」と主張

ザウバー代表、”元教え子”バンドーンは「来年の候補ではない」と主張
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース