FIA、メルセデス”ホイール問題”は「収束」と宣言も、シーズン後にも議論?

シェア
コメント
FIA、メルセデス”ホイール問題”は「収束」と宣言も、シーズン後にも議論?
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
協力: Adam Cooper
2018/11/16 11:50

FIAのチャーリー・ホワイティングは、メルセデスの新型ホイールの問題は「すでに落ち着いた」と宣言。しかしシーズン後にも議論がなされる予定だ。

 FIAは、メルセデスが使うリヤホイールのスペーサーについて、すでに”解決済み”と考えているが、チームはライバルからの抗議を避けるため、ここ数戦使用を見送ってきた。

 メルセデスは、ベルギーGPに新型のリヤホイールを投入した。これはスポークやリムのデザインが大幅に変更されたもので、主にタイヤ内部の冷却を目指したものとなっていた。

 ただ、メルセデスが用意したのはこれだけではなかった。マシンに装着する際にはスペーサーを噛ませ、このスペーサーに開けられた穴に空気を通し、マシン外側に排出するという機構となっていた。この処理は冷却効果をさらに高めるためのモノとされており、FIAは合法との判断を下した。しかし”可動空力パーツ”ではないかとの指摘もあったため、正式な抗議を受けるのを避けるべく、チームは日本GPを最後に使用を中止している。

 F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、ブラジルGPの前に行われる”テクニカル・ワーキング・グループ”の会議で、これが完全に解決されることを期待していた。しかしそれには至らず、解決はシーズン終了後になりそうだ。

 そのような状況にもかかわらず、ホワイティングは「問題はすでに解決したと思う」と主張。メルセデスがメキシコGPのスチュワードにその合法性を確認したのと同様の作業を延々と繰り返すこととなれば、非常に残念だと語った。

「それは我々が示した、技術的な意見だ。似たような事例があれば、この意見を使い続けることになるだろう」

 そうホワイティングは語った。

「この騒動が一度落ち着けば、テクニカル・ワーキング・グループで議論をすることになるだろう」

次の記事
スーパーライセンスポイント獲得を目指すティクトゥム。来季SF参戦か?

前の記事

スーパーライセンスポイント獲得を目指すティクトゥム。来季SF参戦か?

次の記事

来季の”逆襲”を期すフェラーリ「ベッテルは強くなって帰ってくる」

来季の”逆襲”を期すフェラーリ「ベッテルは強くなって帰ってくる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell