F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

“ピンク・メルセデス”監査のため、ファクトリーを訪問したとFIA認める

シェア
コメント
“ピンク・メルセデス”監査のため、ファクトリーを訪問したとFIA認める
執筆:

レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、FIAの面々がチームのファクトリーを訪れてRP20をチェックしたことを明かした。

 レーシングポイントの2020年マシン『RP20』は、そのデザインがメルセデスの2019年マシン『W10』と似ていることから、プレシーズンテストで話題となった。RP20はパドックの一部の人間から“クローン”や“ピンク・メルセデス”などと揶揄されている。

 このレーシングポイントのマシンに関しては、開幕戦オーストラリアGPの際にいくつかのチームから抗議を受けるのではないかと噂されていた(結果的にオーストラリアGPは中止に)。実際にルノーは、それ以降も将来的に異議申し立てをする可能性を排除していない。

 しかしレーシングポイントのテクニカルディレクター、アンドリュー・グリーンはmotorsport.comのインタビューに対し、改めてRP20の合法性について主張した。

「彼らが何を根拠に抗議しようとしているのか、本当に分からない」とグリーンは語った。

「マシンが発表された時、我々はFIAと話をしている。FIAはファクトリーにもやってきて、我々のマシンのデザインを見たんだ」

「彼らは我々のマシンを、メルセデスの2019年マシンの設計データと比較しながら、徹底的にチェックしていた」

「そして彼らは、我々がサーキットに持ち込んだマシンが、我々自身によって設計されたものだと、完全に納得してくれた」

「確かにメルセデスとの類似点はいくつかあるかもしれないが、それはあくまで類似点に過ぎない。全く同一ではないのだ。そこに抗議の余地はない」

「外野には好きなだけ騒がせていればいいと思うが、彼らが文句を言っているのは、彼らがそういったチャンスをモノにできなかったからだと思う。だから腹を立てているんだ」

 motorsport.comはグリーンのコメントを受けてFIAに事実確認を行なったところ、FIAはレーシングポイントのファクトリーを訪問したことを認めた。

 RP20は、フォースインディアF1チームがローレンス・ストロール率いるコンソーシアムに買収され『レーシングポイント』となってから初めて設計されたF1マシンである。

 フォースインディア時代のマシンは、レッドブルのようにシャシーがやや前傾しているように見える、つまりレーキ角の高いマシンだった。しかしながら、レーシングポイントRP20は、メルセデスのような低いレーキ角が特徴だ。レーシングポイントはメルセデスからギヤボックスを購入しているが、レーキ角の低いマシンを想定して作られたギヤボックスとのフィッティングの問題も、これで解決することになるだろう。

「今年初めて、メルセデスから購入したものを最適化することができた」とグリーンは語った。

「それはとても論理的だ。なぜ彼らのコンセプトに逆らう必要があるのか? このマシンは余計な仕事が一切必要ないマシンだ」

 

Read Also:

ローランド・ラッツェンバーガーが亡くなった日:1994年サンマリノGPインサイドストーリー

前の記事

ローランド・ラッツェンバーガーが亡くなった日:1994年サンマリノGPインサイドストーリー

次の記事

魂の走りに心奪われたあの時。ニッポンのファンが選ぶアイルトン・セナのベストレース

魂の走りに心奪われたあの時。ニッポンのファンが選ぶアイルトン・セナのベストレース
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Alex Kalinauckas