F1 スペインGP

マクラーレンF1、モータホームでボヤ騒ぎが発生……関係者は無事避難。2日目走行への影響は不明

F1スペインGPの2日目朝、マクラーレンのモータホームでボヤ騒ぎが発生してしまった。

Fire alarm at the McLaren Hospitality

 6月21日から開幕したF1第10戦スペインGPの2日目、マクラーレンのモータホームでボヤ騒ぎが発生した。

 22日(土)の朝、マクラーレンのモータホームで火災が発生。消防車が駆けつける事態となった。

 火事はモータホームのキッチン上部から発生しており、電気系統が関係していた可能性が指摘されている。

 なおモータホームのスタッフは、チーム関係者やゲスト、メディア、ドライバーのランド・ノリスとオスカー・ピアストリを避難させ、ドライバー達はパドックでボヤ騒ぎの展開を見守った。

 火災初期にはタイヤを供給するピレリの責任者でパートタイムの救急隊員でもあるマリオ・イゾラが現着。ピレリのスタッフも消火器を持って集まっていた。その後、消防車と救急車両が到着し、消火にあたっている。

Fire alarm at the McLaren Hospitality

Fire alarm at the McLaren Hospitality

Photo by: Jon Noble

 このボヤ騒ぎが予選前最後の走行となるFP3への準備で影響を与えたかどうかは不明。なお通常、ノリスやピアストリの装備はモータホームに保管されているという。

 マクラーレンは短い声明を発表しており、チーム関係者は無事だという。

「今朝、火災警報を受けてチームハブのパドックホスピタリティユニットから避難を行なった。地元の消防が対処し、チームは安全に避難している」

 なおスペインGPは火災が多く発生している場所でもある。その中でも2012年にパストール・マルドナド(ウイリアムズ)が優勝したあと、燃料に引火してガレージが炎上したという事例はよく知られた例だろう。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1メカ解説|レッドブル、F1スペインGP投入アップデートは冷却向上だけじゃない? チームの説明以上に“重要”かも
次の記事 F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本