F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ピレリ、”早くも”2019年序盤4戦の持ち込みタイヤを発表

シェア
コメント
ピレリ、”早くも”2019年序盤4戦の持ち込みタイヤを発表
執筆:
2018/12/10 23:14

ピレリは、2019年のF1序盤4戦に使用するタイヤの組み合わせリストを発表。C1からC5の新名称システムが使われることになる。

 ピレリは、2019年のF1開幕戦オーストラリアGPから、第4戦アゼルバイジャンGPまでに投入されるタイヤコンパウンドの組みわせを発表した。

 来季からピレリは、タイヤの名称システムを変更。これまではハイパーソフトからスーパーハードまで全7種類のコンパウンドが用意されていたが、来季からはこれが5種類に縮小。一番柔らかいコンパウンドがC5、一番硬いコンパウンドがC1となった。この5種類の中から各レースに3種類が持ち込まれるのは変わらないが、その中の最も柔らかいタイヤがソフト(赤)、中間がミディアム(黄色)、最も硬いものがハード(白)と呼ばれることになる。

 予選Q3専用にソフトタイヤが1セット、全ドライバーに供給され、Q3に進出したドライバーは、予選後にそれを返却しなければならない。しかしその一方で、Q3に進出しなかったドライバーは、これをレースで使うことができる。

 また、ミディアムとハードのいずれか1セットを、レース中に使うことが義務付けられている。

 なお開幕戦オーストラリアGP、第3戦中国GP、そして第4戦アゼルバイジャンGPには、C2、C3、C4という組み合わせのタイヤが持ち込まれる。ただ第2戦バーレーンGPでは、C1からC3までという最も硬い組み合わせのタイヤが持ち込まれる予定だ。

次の記事
メルセデス代表、ハロへの考え方が変化「壊滅的な結果を防げた」

前の記事

メルセデス代表、ハロへの考え方が変化「壊滅的な結果を防げた」

次の記事

ホンダ育成ドライバー、来季さらにもうひとりFIA F3に挑戦へ?

ホンダ育成ドライバー、来季さらにもうひとりFIA F3に挑戦へ?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 田中 健一