F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
07 時間
:
09
:
56
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。笑顔のフェルスタッペン

シェア
コメント
レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。笑顔のフェルスタッペン
執筆:
2019/02/14 1:41

ついに発表されたレッドブル・ホンダRB15。その初走行を担当したマックス・フェルスタッペンは、好印象を感じたようだ。

 レッドブル・ホンダのニューマシンRB15をシェイクダウンで初めて走らせたマックス・フェルスタッペンは、その挙動にポジティブなモノを感じたようだ。

 レッドブルは2月13日に2019年用マシンRB15を発表、同日のシルバーストン・サーキットで、フェルスタッペンの手によりシェイクダウンが行われた。

 この日は、レギュレーションで”プロモーション用”として許されている走行枠を活用。走行距離も100kmまでに制限され、さらに使用したタイヤも、ピレリのプローモーション走行用タイヤだった。しかしその限られた走行でも、フェルスタッペンを満足させるものだった様だ。

「このクルマとの最初の数kmを今日走った」

 フェルスタッペンは走行後、SNSに公開された短いビデオメッセージでそう語った。

「初めて走った後、僕は笑顔になった。このクルマの挙動には満足している。エンジンも同様だ。とてもポジティブだよ」

 フェルスタッペンはF1デビュー後、ルノー製パワーユニット(PU)を搭載したマシンばかりを走らせてきた。他のPUを走らせたのは、2016年の序盤4戦のみ(フェラーリ製)。ホンダのPUを走らせたのは、これが最初である。

 またレッドブルも、そのほとんどをルノー製エンジン/PUと活動してきた。エイドリアン・ニューウェイが率いるデザインチームのこれまでの実績を考えれば、ホンダのPUがパワフルで信頼性の高いPUを生み出すことができれば、メルセデスやフェラーリらと戦える可能性は十分にある。

 フェルスタッペンはその評価について、開幕まで待ちたいとしながらも、来週からバルセロナで始まる合同テストに向け、期待感が高まっているようだ。

「バルセロナに向けて仕事を始めるのを、そしてメルボルンに向けて働き始めるのを待ちきれない」

「今日はとてもポジティブな1日だったと思う。だから、とても満足している」

次の記事
F1新車”雑感”解説:メルセデスW10……今年のマシンは全然シンプルじゃない!

前の記事

F1新車”雑感”解説:メルセデスW10……今年のマシンは全然シンプルじゃない!

次の記事

マクラーレンの”新戦力”。元ポルシェの大物ザイドルは5月にチーム合流

マクラーレンの”新戦力”。元ポルシェの大物ザイドルは5月にチーム合流
コメントを読み込む