F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

フォースインディア破産申請は希望への道? 副代表「”次のレベル”到達できる」

シェア
コメント
フォースインディア破産申請は希望への道? 副代表「”次のレベル”到達できる」
執筆:
翻訳:: 松本 和己
2018/07/28 15:05

フォースインディア副代表のファーンリーは、破産申請によって適切な買い手がチームの将来に投資できるようになり、むしろ良い結果を生むと考えている。

Robert Fernley, Force India F1 Team Deputy Team Principal
Esteban Ocon, Force India VJM11
Esteban Ocon, Force India VJM11
Sergio Perez, Force India VJM11
Sergio Perez, Force India VJM11 sparks
Vijay Mallya, Team Principal and Managing Director, Force India
Sergio Perez, Force India VJM11

 金曜日、ロンドンの高等裁判所に破産申請を行ったフォースインディアだが、チーム副代表のボブ・ファーンリーは、適切な買い手がチームの将来に投資できるようになるために、管財人の管理下に置かれることでポジティブな結果がもたらされると話した。

 現在、裁判所により管財人に任命されたジェフ・ロウリーと彼の会社であるFRPアドバイザリーが、チームスタッフに給料を支払うことが出来るよう、独立した資金を用いてチームを運営している。これにより開催中のハンガリーGPにおいて、フォースインディアは通常通り参戦を継続する。

 管財人がチームの買い手をより適切に評価することができるため、チームはこの破産申請をポジティブに捉えている。

 というのも、チーム代表で大株主のビジェイ・マリヤはチームの売却に消極的であり、チームにとって理想的な買い手が興味を失ってしまうリスクがあったのだが、この申請により売却の最終決定権が彼の手から失われたからだ。

 ファーンリーは、motorsport.comに次のように述べている。

「チームは現在、管財人の管理下にあり、管財人はチームの買い手を探している」

「買い手のうちの誰かが、チームの野望を満たしてくれることを願っている。それは今の所、表彰台に狙えるようなチームになるということだ」

「関心のある買い手がFRPに名乗り出て、FRPが彼らの投資を評価する」

「それからメルセデスやF1グループも含めて、フォースインディアを買う最も適切な買い手を決定するというプロセスに移る。私はそれが実現すると確信している」

「FRPがその選別を行う。しかし私は、チームを次のレベルに引き上げてくれるような意志のある、クオリティの高い投資家グループがたくさんいると思うし、チームはそれに値すると思う」

 F1が夏休みに突入するこのタイミングで法的手続きが開始されたのは偶然ではない。世界中を転戦するようなフル稼働モード時と比べて、チームの運営コストが低くなるからだ。

「チームには投資が必要なんだ」とファーンリーは主張した。

「表彰台を狙えるようなチームになるためには投資が必要であり、新しいオーナーを探すプロセスとしては、必要だったんだ」

 フォースインディアCOOのオットマー・サフナウアーは、土曜日の午前中にハンガリーGPのガレージでチームメンバーに状況説明を行った。この際には、F1のCEOを務めるチェイス・キャリーも出席し「来年もこのチームをグリッドで見たい」と激励した。

 ファーンリーは、フォースインディアはこれまで驚異的なことを達成してきており、破産申請のプロセスを通じて、適切な投資とメルセデスやスポンサーのBWT、F1からのサポートを得られれば、より偉大なことを達成できると述べた。

 チームは2016年から2年連続でコンストラクターズランキング4位を獲得しており、F1からかなりの賞金を受け取る予定だ。さらに、管財人のFRPとロウリーについては「彼らはF1に関しても、とてつもない経験を積んだ実績があり、不幸な現状よりも状況が悪化するとは思わない」とファーンリーはコメントした。

「実態として、我々は今も通常通り走行している。様々な取引が停止しているわけではない。F1は我々に賞金を払う義務があり、それは通常通り行われるだろう」

次の記事
【動画】F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

【動画】F1第12戦ハンガリーGP予選ハイライト

【動画】F1第12戦ハンガリーGP予選ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フォースインディア
執筆者 Adam Cooper