オコンとフォースインディア、燃料流量違反の疑いで召喚

シェア
コメント
オコンとフォースインディア、燃料流量違反の疑いで召喚
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/10/21 20:45

エステバン・オコンとフォースインディアは、F1アメリカGPのレース後、燃料流量違反の疑いでスチュワードに呼び出されている。

 エステバン・オコンとレーシングポイント・フォースインディアは、F1アメリカGPのレース後、燃料流量違反の疑いでスチュワードに召喚された。

 アメリカGPを8番手でフィニッシュしたオコンは、1周目に燃料流量制限違反を犯した疑いで、スチュワードの調査を受けている。

 テクニカルレギュレーションには「燃料質量流量は、100kg/hを超えてはならない」と記載されているが、これに違反した疑いが持たれているのだ。

 2014年のオーストラリアGPでは、2番手でフィニッシュしたダニエル・リカルド(レッドブル)が、同様の違反で失格処分を受けている。

次の記事
F1アメリカ決勝速報:ライコネン、フェラーリ復帰後初勝利!

前の記事

F1アメリカ決勝速報:ライコネン、フェラーリ復帰後初勝利!

次の記事

オコン&マグヌッセン失格。ハートレー9位に繰り上がり

オコン&マグヌッセン失格。ハートレー9位に繰り上がり
Load comments