F1の2019年暫定カレンダー発表。全21戦、日本GPは10月13日決勝予定

シェア
コメント
F1の2019年暫定カレンダー発表。全21戦、日本GPは10月13日決勝予定
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/08/31 11:40

F1の2019年暫定カレンダーが発表された。ドイツGPや日本GPを含む全21戦の開催予定となっている。

 F1の2019年暫定カレンダーが発表された。10月12日に行われるFIA世界モータースポーツ評議会によって正式に承認される必要があるものの、大きく変更されることはないはずだ。

 2019年の開幕戦はオーストラリアGP(3月17日決勝)で変わらず、12月1日に決勝が行われる最終戦アブダビGPまで全21戦、9カ月半ほどの長い戦いが繰り広げられる。

 今年のカレンダーと比べると、いくつか開催スケジュールに変化が生じている。今年はシンガポールGP、ロシアGP、日本GPが隔週開催となっているが、来年はシンガポールGPとロシアGPが連戦になった。その影響か、今シーズン中盤にあったフランスGP・オーストリアGP・イギリスGPの3連戦が解消されている。

 また、日本GP後に行われるアメリカGPとメキシコGPの開催順が入れ替わり、2019年は日本からメキシコへと戦いの舞台が移ることになる。

 暫定カレンダーを発表したコマーシャルマネージャーのショーン・ブラッチズは、ドイツGPおよび日本GPと契約を延長することができて嬉しいと話した。

「日本GPの契約延長と、ドイツGPの開催はファンをF1の中心に据えるという方向性の一例だ。それが全てのプロモーターと我々が共有するビジョンでもある」

2019年F1暫定スケジュール

決勝日

Grand Prix 開催地
3月17日 オーストラリア メルボルン
3月31日 バーレーン サクヒール
4月14日 中国 上海
4月28日 アゼルバイジャン バクー
5月12日 スペイン バルセロナ
5月26日 モナコ モナコ
6月9日 カナダ モントリオール
6月23日 フランス ル・キャステレ
6月30日 オーストリア シュピールベルク
7月14日 イギリス シルバーストン
7月28日 ドイツ ホッケンハイム
8月4日 ハンガリー ブダペスト
9月1日 ベルギー スパ
9月8日 イタリア モンツァ
9月23日 シンガポール シンガポール
9月29日 ロシア ソチ
10月13日 日本 鈴鹿
10月27日 メキシコ メキシコシティ
11月3日 アメリカ オースティン
11月17日 ブラジル サンパウロ
12月1日 アブダビ ヤスマリーナ
次の F1 ニュース
イタリアFP1速報:ウエットでペレスがトップ。ハートレー4番手

前の記事

イタリアFP1速報:ウエットでペレスがトップ。ハートレー4番手

次の記事

イタリアFP1:乾きゆく路面でペレスがトップタイム。ハートレー4番手

イタリアFP1:乾きゆく路面でペレスがトップタイム。ハートレー4番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース