F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎

シェア
コメント
F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎
執筆:
協力: Erwin Jaeggi
2020/03/31 11:36

F1はシーズンが開幕するまでの間に各チームのコストをできる限り抑えるため、ファクトリーの閉鎖期間を数週間延長する可能性がある。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、2020年のF1世界選手権は開幕戦オーストラリアGPから第8戦アゼルバイジャンGPまでが中止または延期となっている。シーズン最初のレースは現時点では6月14日のカナダGPということになっているが、計画通り開催できるかは不透明な状況だ。

 そんな中でF1は、通常夏休みとなっている期間にもレースを開催できるように、夏のファクトリー閉鎖期間を3〜4月に前倒しし、閉鎖期間も14日から21日に延長した。

 しかしながら少なくとも2ヵ月以上はレースが開催されないため、各チームは収入源が減り頭を悩ませている。そんな中でひとつの解決策として考えられているのが、ファクトリー閉鎖期間をさらに延ばすことである。

 アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、ファクトリー閉鎖期間の延長が各チームにとって財政面で助けになると主張した。

「ファクトリー閉鎖を延長する可能性がある」とバスールは語った。

「コストを大幅に削減する方法のひとつは、閉鎖期間を延ばすことだと思う」

 各F1チームは4月末までに21日連続でファクトリーを閉鎖しなければいけない。閉鎖期間終了まではまだ時間的な猶予があることから、バスールは決断を急いでいないようだ。

「我々は今、代表の私やその他シニアスタッフがコミュニケーションをとる以外は、仕事をすることを許されていない。これは夏休みの閉鎖期間と同じだ。そして技術スタッフはここから3週間、つまり、4月中旬頃まで働くことができない」とバスールは続けた。

「従って4月中旬までには、状況をもっと把握して、適切な判断が下せればいいと思っている」

 バスールはまた、この困難な状況の中で、各チームがこのスポーツにとって何が最善かを考えて協力していることを称賛した。

「それはこの危機的状況の中での数少ないポジティブな要素だと思う。我々はこれまで以上に協力している」

「そして我々は、可能な限り多くのレースをするために最善を尽くさなければいけない。それは簡単なことではないだろう」

「日を追うごとに新たな懸念が生まれる。最も重要なのは、臨機応変に動くことだ」

 

Read Also:

次の記事
セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命

前の記事

セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命

次の記事

F1、新規則導入が2023年になる可能性も? ホーナー「いま重要なのは安定性」

F1、新規則導入が2023年になる可能性も? ホーナー「いま重要なのは安定性」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble