DRSゾーン追加に賛否。”まるでゲーム”と人工的なレースに懸念も

シェア
コメント
DRSゾーン追加に賛否。”まるでゲーム”と人工的なレースに懸念も
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
翻訳:: 松本和己
2018/06/29 4:32

オーストリアGPでコースに3つ目のDRSゾーンが追加されたことについて、一部のドライバーはレースが人工的になり過ぎると批判している。

Red Bull Ring map
Sebastian Vettel, Ferrari walks the track with the team
Sebastian Vettel, Ferrari walks the track with the team
Sebastian Vettel, Ferrari walks the track
Romain Grosjean, Haas F1 Team, conducts a track walk with colleagues
Romain Grosjean, Haas F1 Team, conducts a track walk with colleagues
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1

 FIAは、オーストリアGPが開催されるレッドブルリンクの2コーナーと4コーナーの間にDRSゾーンを追加したが、一部のドライバーはレースが人工的になり過ぎてしまうと批判している。

 今季のF1はオーバーテイクの欠如が大きな問題となっているが、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は安易なDRSゾーン追加に警鐘を鳴らしている。

「DRSゾーンを追加することが、解決策になるかどうかは分からない」とベッテルは語った。

「誤解しないで欲しい。僕も含めて、”マリオカート”のようなアイデアが好きな人はたくさんいると思う。僕も小さい頃にプレイしていたしね。でも、レースを人工的にするのはやめるべきだと僕は思う。それが機能するかどうか見てみよう」

「オーバーテイクは促進するかもしれないが、最終的に他のマシンを追い越すだけでは、エキサイティングにはならない」

「前のマシンの背後につき、何かが起きるかもしれないという緊張感と興奮がある方が、ただ追い越しが起きるよりもずっと良い」

 ハースのロマン・グロージャンもベッテルと同意見。レッドブルリンクのほぼ半分がDRSゾーンとなっていることについても、懸念を示している。

「どうなるか見てみよう。最初にそれを見たとき、僕は少し懐疑的になった。あまりにもDRSゾーンが多過ぎて、ほぼ全てのストレートがそうなっている」

「どんなレースになるか、何度も抜き返されるような”マリオカート”みたいにならないか、見ておく必要がある」

 キミ・ライコネン(フェラーリ)は「トラックの半分がDRSだ。だから物事がかなり簡単になるだろう。それがやり過ぎかどうかは分からない」と付け加えた。

「オーバーテイクは間違いなく必要だが、人工的なオーバーテイクになるに違いない」

 全てのドライバーが、今回の変更に懐疑的なわけではない。ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、DRSゾーン追加でレースが良くなると考えている。

「彼ら(FIA)は、レースをエキサイティングにするためにやれることをやっていると思う。今はそれが足りていないからね。シーズン中に基本的なことが変わるのは良くない」

「僕たちは、持っているものを最大限活用しようとしているんだ。DRSゾーンを追加するという彼らの対策で、オーバーテイクができるようになり、抜かれた方は次のゾーンでDRSを使える」

「おそらく良くなるだろう。ここは、前のマシンについて行くのが最も簡単なサーキットだというわけでもないので、面白くなるはずだ」

Additional reporting by Oleg Karpov and Adam Cooper

次の F1 ニュース
ジョン・バーナード「マクラーレン復活には抜本的な立て直しが必要」

前の記事

ジョン・バーナード「マクラーレン復活には抜本的な立て直しが必要」

次の記事

メルセデス、空力アップデート投入。ハミルトン「量より質が大事」

メルセデス、空力アップデート投入。ハミルトン「量より質が大事」

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース