F1、バイオ廃棄物から精製した”持続可能”燃料開発。PUメーカーにサンプルを送付、テストと検証求める

F1は次世代PUの導入を前に100%持続可能なバイオ燃料の開発を進めており、そのサンプルのテストと検証をPUマニュファクチャラーに求めたようだ。

F1、バイオ廃棄物から精製した”持続可能”燃料開発。PUメーカーにサンプルを送付、テストと検証求める

 F1は遅くとも2026年から新しいパワーユニット(PU)を導入する予定だ。F1の上層部はそれに合わせ、F1がバイオ燃料技術開発の舞台となることで、環境面で大きなメリットが得られると考えている。

 FIAは、短期的にはバイオ燃料を使用する割合を高めていくことを義務化しており、次世代のレギュレーションでは完全に持続可能な燃料を使用することを望んでいる。

 その一環として、F1は第2世代のバイオ燃料の開発を進めている。これは人間や動物が消費することのないバイオ廃棄物から精製されるものだ。この技術がレースで使用可能なことを証明するため、F1はPUマニュファクチャラーにこの燃料のテストと検証を求めている。

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクター、ロス・ブラウンは次のように語った。

「F1は長い間、自動車の世界に次世代の進歩を導入するためのプラットフォームとしての役割を果たしてきた」

「2030年までにスポーツとしてのネット・ゼロ・カーボン(CO2排出量の実質ゼロ化)を達成するという我々の計画に完全に合致した、持続可能な燃料に関する動きを嬉しく思う」

「今、我々にとって最優先の課題は、CO2排出量を削減し、市販車にも恩恵をもたらすようなハイブリッドエンジンのロードマップを構築することだ。ハイブリッド技術と持続可能な燃料を組み合わせた次世代エンジンには、それを実現するチャンスがあると信じている」

 FIAのジャン・トッド会長は、「F1の動力源として、バイオ廃棄物から作られた持続可能な燃料を開発することで、我々は新たな一歩を踏み出そうとしている。世界をリードするエネルギー企業の支援を得て、最高の技術と環境性能を両立させることができる」と述べた。

 持続可能な燃料の開発は、2030年にカーボンニュートラル化を目指すというFIAの取り組みの一環として行なわれている。

 トッドは「FIAは、モータースポーツとモビリティを低炭素の未来へと導く責任を負っており、我々の活動が環境に与える影響を軽減し、より環境に優しい活動に貢献している」と付け加えた。

「私は、FIAの活動の2つの柱である社会貢献と、環境戦略をクラブメンバーが承認してくれたことを嬉しく思う」

Read Also:

シェア
コメント
レッドブルの狙いはペレスひとりだった?「ヒュルケンベルグやベッテルは候補ではなかった」

前の記事

レッドブルの狙いはペレスひとりだった?「ヒュルケンベルグやベッテルは候補ではなかった」

次の記事

ハミルトン、ウルフ代表のメルセデス残留を「誇りに思う」契約交渉は”数日以内”に再開へ

ハミルトン、ウルフ代表のメルセデス残留を「誇りに思う」契約交渉は”数日以内”に再開へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble