F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1、予選Q4の2020年導入は事実上ナシか。全チームの合意が必要に

シェア
コメント
F1、予選Q4の2020年導入は事実上ナシか。全チームの合意が必要に
執筆:
2019/05/02 3:00

2020年に予選フォーマットを変更し、Q4を新設するという案は、4月末に来年の競技規則変更期限を迎えたため、導入されない可能性が非常に高い。

 現在はQ1〜Q3の3つのセッションに分けてノックアウト方式で行われているF1の予選だが、ストラテジーグループの間では今年に入って、4つ目のセッション、いわゆるQ4の新設について議論が進められてきた。

 トラック上を走る時間を改善することで、上位チームがミスをする可能性が増えるとF1オーナーのリバティ・メディアは考えていたのだ。

 Q1、Q2、Q3で4台ずつマシンが脱落していき、最終的に残った8台でポールポジションを争う。さらにトップ8は予選Q3でベストタイムを出したタイヤで決勝をスタートすることになるだろう。

 しかしこの案に対し、チームからはそのメリットへの懐疑的な意見や、タイヤのセット数が足りなくなり、走行を妨げる可能性があると懸念が寄せられた。

 その影響を調べるため、コンピューターシミュレーションが行われたが、タイヤセットを追加しなければ、Q4で全く走らないチームや、1アタックしかしないチームが間違いなく出てくるという結果となった。

 FIAのスポーティング・レギュレーションには、競技規則の変更について次のように規定されている。

「FIAによる安全上の問題に関する変更を除いて、前年の4月30日以降に規則を変更する場合、全競技者の満場一致の合意によってのみ、変更が認められる」

 つまり、2020年に予選Q4を導入するためには全チームの合意が必要になるのだ。ただ、これは実現しそうにない。

 各チームとFIAは中国GPの際にミーティングを行ったが、予選の変更について過半数の支持を得られなかった。そのため、少なくとも2020年は現行通り、Q3までの3セッションで予選が争われることになるだろう。

 レーシングポイントのテクニカルディレクター、アンディ・グリーンは次のように述べている。

「我々にとって、それ(Q4)はあまり意味がないものだ。タイヤの不足もあって、上位3チームをさらに有利にする。各チームを接近させて、より良いレースをもたらすとは思えない」

「予選はおそらく”最も壊れにくいパーツ”のひとつだ。今のところ、予選でのスペクタクルは機能している。我々はこれまでにも何度か、その調整を試みたことはあるが、あまり改善はされていない」

次の記事
FPから予選は強かったのに……クビアト、レースペースの”消失理由”を探す

前の記事

FPから予選は強かったのに……クビアト、レースペースの”消失理由”を探す

次の記事

下位に沈んだヒュルケンベルグ、アゼルバイジャンGPでは“武器が無かった”

下位に沈んだヒュルケンベルグ、アゼルバイジャンGPでは“武器が無かった”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble